味わう

ギンナンソウって知ってる?稚内市の極寒の海で行われる漁に密着!

石簾マサ
Written by 石簾マサ

「ギンナンソウって知ってる?」

唐突に聞かれたのは正月休みが明けて過ぎてすぐのこと(2017年)。まったく聞いたことがなかった「ギンナンソウ」。調べてみると、北海道の一部だけで採れる海藻で、1月中旬から3月ぐらいまでしか収穫できないのだとか。「取材してみよっか?」と編集長。愛あるその一言で極寒の海に向かうことになったのでした。

過酷な銀杏草漁に密着取材を敢行

ギンナンソウって知ってる?稚内市の極寒の海で行われる漁に密着!

収穫できる期間が短いこと、一部の地域でしか採れないことなどから、市場にはあまり出回っていない「ギンナンソウ」。北海道民でも知らない方が多いようです。ちなみに「ギンナンソウ」を漢字で書くと「銀杏草」になります。

銀杏草の産地として有名なのが稚内だという話を聞き、まずは稚内に向かいました。着いてみると、稚内の銀杏草はほとんど採り終えてしまっていて、今は抜海(ばっかい)の港で採っているとのこと。すぐに抜海の港に移動しました。

▼凍てつく極寒の海で行われる銀杏草漁業
ギンナンソウって知ってる?稚内市の極寒の海で行われる漁に密着!

▼海中の銀杏草
ギンナンソウって知ってる?稚内市の極寒の海で行われる漁に密着!

銀杏草の漁場は、水深0.2~1mの干出しない岩盤域。ウェットスーツを着用した漁師さんが、めがねと呼ばれている専用の水中めがね(覗きめがね)で水中を確認し、タモ網でかっちゃきながら(北海道弁「かっちゃく」:「引っかく」のこと)採取します。

気温はマイナス7~8℃。見ているだけで凍えてしまうような寒さの中、漁師さんは黙々と作業を続けます。

寒さを紛らわすため、取材の合間にあたりをウロウロ歩いてみると、銀杏草を採っている場所の裏側では、野生のアザラシが悠々と泳いでいました。

▼野生のアザラシ。漁師さん曰く、漁場を荒らす厄介者なんだそう
ギンナンソウって知ってる?稚内市の極寒の海で行われる漁に密着!

動画で見る銀杏草漁の様子

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。