味わう

北海道らしいベリーズといえばこれ!ハスカップって何?

編集部
Written by 編集部

北海道らしいベリーズといえばこれ!ハスカップって何?

 ハスカップという植物をご存知でしょうか。北海道ではよく知られてい ます。平野部では国内では道内だけでしか見られません。

ハスカップとは?

 スイカズラ科スイカズラ属の植物。「クロミノウグイスカグラ」と呼ぶ かもしれませんが、少なくとも道内では「ハスカップ」がメジャー。名前 の由来がアイヌ語であることはあまり知られていません。アイヌ語の「ハ シカプ(枝の上にたくさんなるもの)」をそのまま読んだものです。アイヌ 語「エノミタンネ(細長い実)」に由来する「ユノミ」とも呼ばれてきまし た。

 国外ではサハリンやシベリアなど寒い地域で自生し、国内の道外では、 高山植物で、標高の高い場所にしか生育しないものの、道内では平野部で も見られます。特に千歳を中心とする勇払(ゆうふつ)平野には多く自生しています。千歳ではかつて一面ハスカップが豊富に自生していたといいます。 苫小牧市では市の木の花に指定しています。

北海道らしいベリーズといえばこれ!ハスカップって何?
北海道らしいベリーズといえばこれ!ハスカップって何?

 低木で、高さ1m~背丈ほど。そんな樹木には、7月ごろ熟すと青紫色の 実をたくさんならせます。実の形は楕円形で、長さは1~1.5cmほど。イメ ージとしては、ブルーベリーを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

 いろいろな品種改良がなされており、「ゆうふつ」などあります。栽培用では、1992年に道立中央農業試験場が選んだ「ゆうふつ」が使われてきましたが、2010年に新品種が登録。それは「あつまみらい」「ゆうしげ」の2品種。

ハスカップの実は栄養満点!

 ハスカップの実は実は酸味が強くすっぱい。でも一列に並んで栽培され ているハスカップの実は、甘さが多くなるように品種改良されています。 その実についてアイヌでは「不老長寿」とされてきました。

 ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄をはじめとする多種多様な栄養 を含みます。特にビタミンCは、100gで50mgと、果実の仲間の中では突出 しています。アントシアニンは目に良い働きをします。

北海道らしいベリーズといえばこれ!ハスカップって何?

ハスカップを加工!

 ハスカップ栽培地として知られているのは、前述の国内最大の自生地で もある勇払平野(=ゆうふつ、苫小牧・厚真・安平・千歳エリア)をはじめ、美唄、名寄、 富良野美瑛など。1978年に試験栽培を開始し、現在、道内で110トン程度しか生産できません。実の収穫は手作業ですので時間がかかりますが、熟して いると皮が薄いため、つぶれて紫色の果汁が手につくこともあります。 農作業として収穫されるほか、「ハスカップ狩り」で楽しむこともできる 場所もあります。

 実だけを収穫した後は、生だと長期保存できないため、急速冷凍して保 存しています。つぶして加工後は、ハスカップジャム、アイス、シロップ、 ゼリー、酒になるのがメジャー。苫小牧近郊では、苫小牧市の菓子舗「三 星」の銘菓にも使われています。美唄では「ドラキュラの葡萄」という果 汁液が販売されています。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。