味わう

北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

  

札幌中央区のノルベサ7階の観覧車ノリア乗車口のさらに奥に、知る人ぞ知る本場中国料理のお店があります。「蒸篭と火鍋の店ひなべや」。その名の通り、薬膳料理「中国火鍋」いわゆる「中国しゃぶしゃぶ」が人気のお店です。

なんと同店、食べ飲み放題コースは3,000円~とリーズナブルです。その楽しみ方をご紹介しましょう。

北海道で初めての中国火鍋のお店

北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

「中国火鍋」とは何なのでしょうか。中国読みでは「フゥオグゥオ」で、中国の食文化では広く知られる辛味の強い鍋料理のことです。中国本土だけでなく、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシアなどの華僑社会でも食されています。

中国式しゃぶしゃぶと呼ばれますが、日本のものと違うのは、食材がすべてすぐに火が通りやすいわけではないという点。しっかりと野菜や肉に火が通ったことを確認して、タレにつけていただきます。

北海道において、本場中国の本格的な中国火鍋を始めたのは、この店舗が初めて。中国瀋陽とハルピンで修行を積み、日本にレシピを持ち帰ってお店を開きました。北海道における中国火鍋の発祥の店というだけあって、本格的な中国火鍋を楽しむことができます。

北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

オープンしたのは、ノルベサが開業した同じ年、2006年。店内は中国の雰囲気が感じられるほか、店長も店舗スタッフも中国人。座席数は54。カウンター席とテーブル席とがあります。

食べ飲み放題で3,000円~!というリーズナブルな価格設定

やはり人気は火鍋コース。食べ放題コース(120分)が3種類ありますが、2色鍋で2,500円のコースは、特選現地巻きラム、スペインポーク(豚肩ロース)、知床鶏むね肉の3種類の肉のほか、ライス、ラーメン、野菜が食べ放題になります。ちなみに肉は全6種類で、松坂豚など単品でオーダーすることもできます。

▼食べ放題コースのレギュラー肉3種類
北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

▼松坂豚
北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

ドリンクが付いていないので、飲み放題(120分)をプラスするわけですが、これも安い。アルコール類を含む90種類以上のドリンクが飲み放題となるプランAが1,000円、ソフトドリンク飲み放題プランBが500円です。ですから、食べ放題コース+ソフトドリンク飲み放題でも3,000円で楽しめるというわけです。

オーダーのときには、ベーススープの選択という作業があります。数十種類の漢方が入った定番スープで、辛さだけでなく旨味コラーゲンがたっぷり詰まっている「麻辣鍋」、牛骨を弱火でじっくり煮込んだ濁りのない、コラーゲンと美肌効果の漢方入り「白湯鍋」の2つが店長のおすすめ。

▼白湯鍋と麻辣鍋の2色鍋
北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

初めての場合、2色鍋はこの2つのスープを選ぶのがよいでしょう。このほか日高昆布を使った「和風だし鍋」や、ヘルシーで女性に人気の「豆乳鍋」もあります。

もう一つ選ぶのは、辛さ。10段階ありますが、6段階以上はプラス料金。1の微辛から5の激辛までで選ぶのが良いでしょう。

まずベーススープ鍋(2色鍋)が運ばれてきます。ぐつぐつ煮立ってきたら肉や野菜を投入します。

野菜はビュッフェ形式で、10種類の野菜から選べます。葉物野菜、もやし、キャベツ、玉ねぎ、きくらげから選ぶことができます。野菜をたっぷり食べたい女性などは、皿に野菜を山盛りに乗せて運んでいきます。

▼ビュッフェ形式の野菜
北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」 北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

タレは3種類。オリジナル、ポン酢、ゴマダレ。食べ比べしてみるのも楽しいものです。

北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」 北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」 北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」 北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」北海道初!本場中国しゃぶしゃぶのお店「蒸篭と火鍋の店ひなべや」

メインメニューが、食べるエステとも呼ばれる薬膳料理であることから、女性客が圧倒的に多いのが特徴です。健康と美容を気にかける女性にはぜひ訪れていただきたいお店の一つです。

中華料理の一つでありながら、日本人の口に合うのでおすすめ。寒い冬に、中国火鍋デビューいかがですか?

蒸篭と火鍋の店ひなべや
所在地:札幌市中央区南3条西5丁目ノルベサ7階
電話:011-272-1129
営業時間:17時~23時(L.O.30分前)、無休(年末年始は22時閉店、L.O.1時間前)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。