味わう

見た目はお寿司でも食べたら和菓子!北斗市発「ずーしーもっちー」

編集部
Written by 編集部

見た目はお寿司でも食べたら和菓子!北斗市発「ずーしーもっちー」

2016年3月26日にいよいよ開業する北海道新幹線。その終着駅のある北斗市には、見た目はお寿司でも、食べたら餅菓子というユニークな和菓子「ずーしーもっちー」があるのだとか。いったいどんな和菓子なのでしょうか。

細部に至るまでホッキ寿司を表現した「ずーしーもっちー」

名前の「ずーしーもっちー」は、北斗市の公式キャラクター「ずーしーほっきー」にちなみ餅菓子であることからつけられました。

見た目は本当にホッキのお寿司そのもの。ホッキの身の赤い部分にあたるところも着色料で表現。白から赤への美しいグラデーションが目を引きます。シャリの部分はあんこ入りで、お米感を出しています。さらに、桜の葉の塩漬けを刻んだものを、シャリとホッキの間にワサビのように挟み込んでいるため、さくらもちのような味わいが楽しめます。

また、北斗市産風の子餅やふっくりんこ米粉を使うという、地元素材へのこだわりもみられます。細部に至るまでホッキ寿司をまねた「ずーしーもっちー」は、見た目にかわいいですし、さくらもち風味と、もちもち感がたまりません!

▼ずーしーほっきーイラスト付きパッケージ
見た目はお寿司でも食べたら和菓子!北斗市発「ずーしーもっちー」
見た目はお寿司でも食べたら和菓子!北斗市発「ずーしーもっちー」

べこ餅で有名な和菓子店が作る「ずーしーもっちー」

「ずーしーもっちー」を製造・販売するのは、北斗市東浜2丁目、国道228号線沿いにある「菓匠ゆめや」。以前『独断と偏見で選ぶ道南の個性豊かなべこ餅』でもご紹介した菓子店で、北斗市産の米「ふっくりんこ」の米粉を使った生地と昔ながらの製法で作り上げるべこ餅は人気が高く、黒糖、ごま、よもぎ、くるみ、柚子風味、桜風味のべこ餅や、一口サイズのべこ団子を世に送り出してきました。

「ずーしーもっちー」は、市公式キャラクター「ずーしーほっきー」がホッキ寿司をモチーフにしていることから、北斗市のPRを兼ねてホッキのお寿司をイメージした和菓子を思いついたのだそう。地元産素材にこだわり、北斗市産風の子餅米を使った新スイーツとして開発。2014年10月に開催された「みなみ北海道・地産地食フェアin北斗2014」で、市内8店舗が出品し来場者投票してもらう「北斗グルメフードラリー」に出品し、以来、同店でも販売を始めました。

店に入ると目に飛び込んでくるのが「ずーしーもっちー」コーナー。一つ一つパックされた「ずーしーもっちー」が、北斗市公式キャラクター「ずーしーほっきー」のイラストとともに陳列されています。1個200円。同店でしか手に入りません。早くに完売することもあるのでお早めに。話のタネに、おひとついかがでしょうか?

ゆめや
所在地:北斗市東浜2-22-7
電話:0138-73-9620
ホームページ

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。