味わう

主力はリンゴのお菓子!砂川の菓子店「ほんだ」がリンゴを選んだ理由

石簾マサ
Written by 石簾マサ

毎月「すながわスイートロード」のお菓子屋さんを一店ずつ紹介していくこのコーナー、第2回目はリンゴのお菓子で有名な「お菓子のほんだ」(以降ほんだ)です。

たくさんあるお菓子の素材の中から、なぜリンゴを選んだのか、なぜすながわスイートロード協議会に加盟したのか、気になるあれこれをお聞きしてきました。

アメリカへの視察旅行が転換機に

主力はリンゴのお菓子!砂川の菓子店「ほんだ」がリンゴを選んだ理由

ほんだのはじまりは1949年(昭和24年)。砂川の炭鉱で働く人々に、仕入れてきたお菓子を売る菓子店を開きました。順調に売り上げを伸ばし、1957年(昭和32年)には法人化することに。

その後、多少の波はあったものの業績を伸ばしていったほんだですが、平成に入ってから売り上げが減少し、低迷する時代が続きました。 そんなほんだが大きく変わったのは1998年(平成10年)になってからでした。

▼話をしてくださった三代目店主の本田啓輔さん(写真提供:ほんだ菓子司)
主力はリンゴのお菓子!砂川の菓子店「ほんだ」がリンゴを選んだ理由

1995年(平成7年)にアメリカに視察に行った前店主(現在の会長)は、大手スーパーも、個人商店も、どちらも流行っていることに驚きました。個人商店は、大手スーパーよりも価格が倍以上も高いのにきちんと売り上げがある。

調べてみると、すべての商品をオーガニックで揃えたり、特化した品揃えにこだわっていたり、大手スーパーとは違う、その店オリジナルの取り組みをしていることに気づきました。

「うちの店は『ほんだ』という看板を掲げているけど、単にお菓子を売っているだけでまったく独自性がない、看板が変わってもお客さんは気づかないんじゃないか」と思ったのだそう。

ちょうど同じ頃、商品にならないリンゴをお菓子作りに利用する機会がありました。当時は、砂川だけでなく滝川や深川でもリンゴを作っている農家が多く、形が悪い、傷が付いているなど、リンゴそのものとしては売れないものがたくさん余っていたのです。

▼主力商品をリンゴに絞った「ほんだ」
主力はリンゴのお菓子!砂川の菓子店「ほんだ」がリンゴを選んだ理由

そうしたリンゴを使って作ったお菓子はなかなかのヒット商品に。そこでリンゴのお菓子の種類を増やしたところ、さらに売り上げが伸びました。お客さんからも「ほんださんってリンゴのお菓子がたくさんあっていいね」と好意的な意見がいくつか寄せられたこともあり、リンゴのお菓子を主力商品として作るようになったというわけです。

現在「ほんだ」では、青森産の紅玉を使っています。いろいろ試してみたところ、酸味が強く、加工したあとにリンゴの味がぼけずに残るのが紅玉だったそう。そこで紅玉を使い出したのですが、北海道では紅玉を作っている農家が少なく、商品化するほど入手できないことがわかりました。それが青森産のリンゴを使っている理由です。

ただ、この先は北海道産の紅玉でやりたいと思っていて、どこかで紅玉を作ってくれるところがないか、作れないかと探しているところなのだそうです。

▼店内に一歩入ると目移りしていまいそう
主力はリンゴのお菓子!砂川の菓子店「ほんだ」がリンゴを選んだ理由

「すながわスイートロード」協議会へ参加したいきさつも聞いてみました。「すながわスイートロード」協議会が発足したのは前店主時代のこと。砂川菓子組合の会長をしていた前店主は「行政が主導してコントロールされるのは困る」ということで最初は反対していたのだそうです。

しかし「行政は裏側にまわりお店をサポートする役割で、主役はお菓子屋さんだ」という行政側からの説明を受け、さらにスイートロードの「スイート」には「甘い」、「お菓子」という意味以外に「優しさ」が含まれるということを知り、すながわスイートロード協議会に加盟。2002年にすながわスイートロード協議会が発足したときには納得して加盟していました。

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】