味わう

幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

石簾マサ
Written by 石簾マサ

夏でも冬でも、子どもも大人も、おじさんだっておばさんだって、北海道民はソフトクリームが大好き。しかも酪農王国とあって、おいしいソフトクリームには事欠きません。

有名店も数多くある中で、今回ご紹介するソフトクリーム店は、北海道夕張郡長沼町の「あいチュらんど」です。一体どんなソフトクリームが待っているのでしょうか。

自社で作るからこそ追求できる味

幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

2017年6月で創業21年目を迎える「あいチュらんど」。創業当初から年中無休で営業していたため、いつでもソフトクリームが食べられるお店として人気を獲得していきました。

▼こちらがそのソフトクリーム
幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

当時はソフトクリームがちょっとしたブームになっていたのですが、冬季は休業する店が多かったのです。地元の中高生が学校帰りに食べたり、家族連れがドライブ中に立ち寄ったり、客層はさまざま。最近では、観光バスごと観光客が訪れることも多いようです。

人気の秘密は、やはりそのおいしさ。もともとは市販の材料に手を加えて販売していましたが、1998年頃にはメーカーにプライベートブランドを発注するようになり、2004年からはすべて自社で製造するようになりました。

▼ソフトクリームミックス製造機
幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

その結果、牛乳の濃さよりも生クリームの風味を前面に押し出す独自の味を追求し、さらには、夏は甘さ控えめ、冬はより濃厚に、といった季節毎の調整もできるようになりました。これが、ソフトクリームに対して舌の肥えた地元民の心をとらえ、評判となり、遠方からの観光客にまで届いている秘訣でしょう。

▼ズラリ並んだソフトクリーム製造機は圧巻!
幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

気になるメニューをいろいろご紹介!

「あいチュらんど」の看板メニューといえば、やはりバニラのソフトクリーム。ずっしりとコーンの先まで詰まったソフトクリームは食べ応え満点で、値段は300円とリーズナブルです。

▼「300円でこのボリュームはお得ですよ」と、店員のみほさん
幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

他にチョコ(300円)と抹茶(320円)もあり、50円プラスするとワッフル、ワッフルココア、クリスピーメープルのいずれかにコーンを変えることができます。また、ソフトクリームをアレンジしたチョコレートパフェも人気です。

▼チョコレートパフェ(430円)はチョコソースも自家製
幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

ソフトクリームのみならず、クレープも「あいチュらんど」の人気メニューです。チョコバナナ(330円)やカスタード(320円)など8種類の味から選べて、100円プラスでソフト入りにすることも可能。また、ブラックペッパーの入ったハムレタストマトのクレープ(360円)もあり、小腹が空いた時にちょうど良いです。

▼「おすすめは生いちごのクレープ(400円)です」と、店員のあいりさん
幅広い世代に愛され続ける長沼町「あいチュらんど」―その秘密とは?

こうしたお店の情報を頭の中にインプットしておけば、車で通りかかった時などに重宝しそうです。

「この近くにおいしいソフトクリーム屋さんがあるんだけど、寄っていく?」なんて提案したら、デート中の彼女やドライブ中の家族から一目置かれること間違いなし。

ぜひ「あいチュらんど」も、そんなリストのひとつに付け加えてみてはいかがでしょうか?

あいチュらんど長沼
所在地:長沼町旭町南1丁目12-7
電話:0123-88-1121
営業時間:9:00~21:30、年中無休
AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。