2007年に農林水産省が主催して決定した「農山漁村">
 2007年に農林水産省が主催して決定した「農山漁村">石狩市発祥の郷土料理「石狩鍋」とは? – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

石狩市発祥の郷土料理「石狩鍋」とは?


 2007年に農林水産省が主催して決定した「農山漁村の郷土料理百選」の一つに選ばれました。道内からはジンギスカン、ちゃんちゃん焼き、石狩鍋が選定されており、北海道を代表する郷土料理の一つとして定着しているものの一つです。では、石狩鍋とはどんな料理なのでしょうか。(写真は石狩市「あいはら」の石狩鍋)

 石狩鍋は、鮭をメインに野菜とともに味噌仕立てで煮込んだ鍋料理。鮭の身やあらなど、鮭は余すところなく使います。その他の具材は、タマネギ、長ネギ、豆腐、つきこんにゃく、コンブ、そして白菜ではなく甘みを出すキャベツを使うのが基本です。そのほか、ダイコンやニンジン、シイタケなどを入れることもあります。そして最後に山椒を振りかけて臭みを消します。

石狩鍋のはじまり

石狩市発祥の郷土料理「石狩鍋」とは?

 名称の通り、石狩が発祥地です。石狩川には秋になるとサケが遡上するという環境もあり、石狩川河口付近において明治前期には石狩鍋の原型が誕生したとされています。現在こそ味噌仕立てが基本の石狩鍋ですが、その昔は塩味、醤油味もあり、現在のように汁ものというより肉じゃがのようだった時代もあるとか。明治時代中期に現在の形になったとされています。

 もともとは漁師の賄い料理として、味噌汁に鮭のぶつ切りと野菜を入れて提供されていたようですが、それを「金大亭」という1880年創業のお店がメニューとして出し始めたと言われています。「金大亭」のほか「あいはら」という石狩鍋二大老舗店が現在も石狩川河口で営業を続けています。その他にも石狩市内には石狩鍋を提供する店舗があり、石狩川河口に集中しています。

 そんな石狩鍋が全国的に有名になったのは、昭和20年代ころに石狩で ある観光が有名になったのがきっかけです。それは地引き網漁。網を海に入れてから待ち時間があるため、その時間にお客さんに石狩鍋を振る舞ったところ、全国的に広まったといういきさつがありました。

→石狩市に本場の石狩鍋を食べに行こう!(映像リポート)

 皮のところにコラーゲンがたっぷりありますが、焼いたりすると失われてしまいます。その点、石狩鍋だとコラーゲンを含んで、美容にも良い料理と言えると思います。作り方も簡単ですので、寒い季節、鍋パーティーのレパートリーの一つに加えてみるのはいかがでしょうか。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。