味わう

地ビール国内第1号は北海道!

 いまや、国内には300社くらいの地ビール会社が存在しています。ビール ツウの方ならおわかりかもしれませんが、地ビールとは、地酒にならって、 その土地のビール、つまり地元産の原材料でつくり地元で飲まれる、その 土地に根ざしたビールといったような意味です。

地ビール国内第1号は北海道!

地ビールの歴史は新しい!

 しかし、地ビールなるものが国内で誕生したのはつい最近、1994年のこ となのです。1994年に酒税法が改正になり、ビール年間最低製造量が2000 klから60klへと大幅に引き下げられたことで、全国各地でオリジナルのビ ールを作りやすくなったようです。

 そんな規制緩和をうけて、法改正後初めてビール製造免許申請をしたの が北海道北見市の「オホーツクビール」でした。法改正の4月1日当日に国 税局に提出し受理され、12月に免許を取得しましたので、よって地ビール の国内第1号ということになります(永久免許は1998年)。

 ただ、誤解の無いように付け加えておきますが、同日に新潟県のエチゴ ビールも申請書を提出し受理されているため、どちらも国内第1号になる でしょうか。

その北見オホーツクビールとは?

 オホーツクビール設立の発案者となったのが水元さん。農村計画視察旅 行でドイツバイエルン州に行った際に、どんな小さい村でもビール工場が あるのを見て、北見にも独自のビールを作ろうと思い立ったのが始まりと なったようです。

 オホーツクビールは有名で、地ビール祭りでまず完売してしまうほどの 人気ぶりです。それもそのはずで世界のビール研究家からも高い評価を得 て紹介されるほどです。原料は麦100%で、麦芽は北見市端野町 産の二条大麦を使用しています。

ほかにもたくさんの地ビールが

 北海道は地ビール王国とも言えるでしょう。全国の地ビール会社の1割程 度は北海道だとも言われています。しかも北海道の地ビールは質が高く、 様々なイベントで数多くの受賞をしているのです。

 同じ網走管内にはオホーツクビールのほかに網走・遠軽など3箇所に登場 していますし、十勝でのビールといえば、十勝ビールで十勝ラガー。石狩 管内でも、札幌・小樽にも開拓使ビールや小樽ビール、いしかり番屋。道 南でははこだてビールや大沼ビール、のぼりべつビールなども。

 とにかく北海道は地ビール王国。北海道にきた際にはぜひ地ビールも。 飲める方は……。


 北海道から生まれた日本人によるはじめてのビールは札幌発。いまやサッポロビールとして全国的に知られるビールも、はじまりは開拓使の置かれた札幌だったのです。ビールについての詳細はこちらから御覧下さい。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。