味わう

カニ王国~花咲ガニ

カニ王国~花咲ガニ カニ王国~花咲ガニ  「花咲ガニ(はなさきがに)」の自己紹介をお願いします。「北海道の東側に住んでる花咲ガニじゃ。茶褐色のボディーのおいらは、茹でられると真っ赤になるんだと……あとは知らん。ちなみに右の写真クリックしても旬じゃないと意味ないよ」ということなので変わって紹介させていただきますと、根室市が本場のタラバガニ科のカニで、国内でも北海道の東側、つまり根室市やその近海、シベリア海あたりにまで生息しています。なので大変希少なカニということができるでしょう。

 生では茶褐色ですが、茹でると花が咲くように真っ赤になるので「花咲ガニ」と呼ぶようになったようですが、その他に由来として根室市の太平洋側の根室港、通称花咲港(花咲岬とも)で多く水揚げされるということからついた名前のようです。実はこの花咲港では、国産花咲ガニのうち約8割が水揚げされています(要は日本一ってこと)。

 実はボディーのトゲがすごいんです。大きなトゲが多いんですが、カニの種類では結構大きめのカニで、濃厚で弾力性あるぷりっとした身と、どことなくえびのような独特の風味があるのが特徴です。

 どのカニにもまして、この花咲ガニが一番おいしい!と絶賛する人が居るくらいのおいしさなんです。数が少なく大変貴重なので、漁期間は夏~9月ごろと規制されており、毎年9月から10月ごろまでが旬で大変短い期間です。

根室市水産加工振興センターが2009年2月までに発表した検査報告は以下の通り。
・花咲ガニのオスの身つまり筋肉と液汁の比率が、6月下旬は五分五分、7~8月にかけて液汁が減少し、9月上旬には身が8~9割を占めるまでになった。
・プロリン(甘み成分)とアルギニン(うまみ成分)は9月上旬になるほど量が多い。

カニ王国~花咲ガニ

「花咲ガニ」食べるには?

 食べるには、特に根室まで行けば花咲ガニ専門店が軒を連ねていますが、道東の釧路あたりでも食べれます。そう、本場へ行かないといけません。スーパーでもお見かけしないので、ぜひ「行って」食べることをオススメしたいのです。

 オススメはカニ爪。もうすみからすみまで身がたっぷり詰まっていて、得した気分になります。しかも身がきれいにとれるのでたべやすい。身だけでなく内子もおいしいと評判。

 根室へ行って花咲ガニを……と思っても、旬でなければ「アブラガニ」とか他のカニに代替されていることもしばしば。ぜひとも「旬」の時期に、「本場」で味わってほしいものです。で、花咲ガニの料理店でも鉄砲汁(てっぽうじる)は必ず味わってほしいですね。花咲ガニは深い味とコクがあるのでこういうのに向いているんです。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。