味わう

カニ王国~毛がに

 え?ケガニ日本一も北海道なの?そうです。北海道のオホーツク海に面する北見枝幸、枝幸町の枝幸港では、ケガニの水揚げ量が日本一なんです。実は枝幸町は、「カニの街」として町をあげてがんばっています。だからカントリーサインもカニマーク。

 それだけじゃないんです。普通に「おいしい」んです、ここのは。質もさることながら、美しさ(?)もカニ味噌も申し分ない、それが枝幸産のケガニというわけです。よって、値段も他の港産のケガニよりも高めです。なので一般庶民が食べるには料亭に行かないとダメですね。

「ケガニ」さんの紹介

カニ王国~毛がに

 ケガニの紹介です。こちらはクリガニ科に属する毛が多いずんぐりカニで、北海道沿岸全域で地域は違っても年中水揚げされます。春はオホーツク海沿岸、夏や秋ごろまでは道東を中心に、そして冬を中心に太平洋沿岸部で多くとれるそうです。

 名実ともに北海道を代表するカニで、身もカニ味噌もたっぷり味わえる、そんなカニですね。特にカニ味噌は、嫌いな人でもおいしいと絶賛するほど。とろけるおいしさのカニ味噌も、紋別産ケガニならでは。

「ケガニ」なぜ枝幸産は良質?

 さて、オホーツク海沿岸の枝幸町をはじめとする港でとれるカニはなぜ良質なのか……。その秘密は流氷にありました。毎年1月から3月くらいまで、オホーツク海を氷が埋め尽くすわけです。

 そんな海では、プランクトンが多く繁殖するんです。となると、それをえさにするカニは上質と、いう按配です。だからケガニを食べるなら、うまみがたっぷり詰まったオホーツク海産のものを誰もがオススメするでしょう。

 先ほど書いたように、日本一のケガニ水揚げを誇る枝幸町産のケガニは他のものにくらべて高いのであまり口にできません。なので、同じオホーツク海の紋別港で水揚げされたケガニは大変オススメということができます。庶民向け。当然「流氷」がありますので、質は大変良いものです。ぜひとも堪能していただきたいですね。



筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。