味わう

釣りキンキという網走名物

 網走市の三大名物といえば?「クジラ」「アブラガニ」「釣りキンキ」 です。網走活き粋き7珍の一つにも数えられています。今回は、道内最高 級魚のひとつ「釣りキンキ」を紹介します。

キンキとは

 北海道の三大高級魚のひとつ、赤い宝石といわれる高級魚です。真っ赤 なボディが特徴的です。分類上は「カサゴ」に類するもので、「キチジ」 といいますが、通称は「キンキ」と呼ばれ、北海道の沿岸地帯では、「メ ンメ」と呼ばれ親しまれています。

 漁獲されるのは東北地方から北海道にかけて、太平洋やオホーツク海を 中心とした水深の深いところです。体長は約30cm。同じように赤い魚であ るキンメダイとは異なります。

 北海道ではキンメダイがとれないので、祝い魚として正月などめでたい 時にはキンキが代用品になってきたという風習があります。通年を通して 漁獲できますが、冬季の流氷の時期は出漁できません。

釣りキンキとは


 一般的には底引き網漁法を用いるキンキ漁ですが、釣りキンキというの は、延縄漁法です。パン食い競争のような形で、先につけた釣り針により とる方法です。

 これにより、体を傷つけることなくとることができ、味も鮮度も抜群な キンキを出荷できるというわけです。これで刺身にもできます。というか、 釣りキンキしか刺身にできません。これにより、釣りキンキは高級魚にな ります。

 この延縄漁法は、網走では網走漁協の4隻しか操業許可されていません。 その網走は漁獲総量のうち9割が延縄漁法です。ここでは、古くから延縄 漁法のキンキを「釣りモノ」と呼び分けていました。2002年に網走の釣り モノを「釣りキンキ」とブランド化しました。2006年に商標登録されてい ます。

 一方、網走以外の知床斜里・羅臼では、刺し網漁法を中心に用いますか ら(釣りものもありますが)、釣りキンキというのは網走産という証拠です。 プリンとした食感は網走の釣りキンキならではです。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。