味わう

夕張メロン。なぜ夕張のメロンが有名?

 メロンといえば「夕張メロン」。夕張市といえば「夕張メロン」。つま り、メロンといえば夕張の夕張メロンですね。全国的に名の通っている、 有名ブランドです。

 夕張市でも、メロン城や、メロンドーム、いたるところにメロンマーク、 などなど、メロンがセールスポイントとして定着しています。でも、もと もと夕張市は「炭鉱の町」でした。こんな山奥の狭い町で、なぜメロン栽 培が主流となっていったのでしょうか。

狭い土地だからさ……!

 夕張市に行った方ならおわかりでしょう。市街地は、渓谷のように狭い 谷間に細長く形成されています。まわりは山ばかり。炭鉱で育った町なの で、当然といえば当然でした。畑作をメインにというわけにはいかなかっ たわけです。

 狭い面積で高い収益の特産品を作ることが提案され、いろいろな作物を 導入していくのですが、最終的に残ったもの、それがメロンでした。昭和 35年には「夕張メロン組合」が設立され、事実上の出発点となりました。

 実際、北海道は昼夜間の寒暖差が大きいという気候特性ゆえにメロンの 栽培に適しているのですが、特に夕張には、水はけが良い火山灰の土壌と いう好条件も付いています。

かつて夕張メロンは嫌われメロンだった!?

 まずは、夕張メロンの品種改良が必要でした。いくつかの試験を繰り返 し、ついにできたのが「夕張キング」。アールス・フェボリットとスパイ シー・カンタロープの交配で誕生したものです。

 全道産園芸作物共進会では最優秀に選ばれ、高い評価を受けた夕張キン グでしたが、問題はなかなか受け入れてもらえなかったことです。当時の メロンは果肉も緑色が普通でした。赤色の果肉なんて見たことがない人が 大勢だったのです。かぼちゃメロンと酷評されたりもしました。

 それでも粘り強く普及への努力を続けて、ようやく評価・値段とも高く なっていきました。今ではご存知のように、赤肉メロン=夕張メロンとい うようなイメージが出来上がっていますね。

 また、店頭における日数が短かいため、道内での流通に限られていまし たが、昭和45年頃になると飛行機による輸送が可能になり、首都圏進出も 果たしています。

「夕張メロン」は、JA夕張市の登録商標です!

 夕張メロンブランドを守るために、JA夕張市では厳しい管理を続けてい ます。F1品種、つまり一代雑種なので、メロンの中にある種をまいても夕 張メロンは育ちません。

 均等な高品質を維持するために、原種をJAで一元管理しているそうです。 それを組合員に販売するわけです。さらには、厳しい品質検査と選定(特秀 ・秀・優・良の4等級ランク付け)、ラベル・シールの統一もしています。

 また「夕張メロン」は登録商標です。JA夕張市が保有しています。他に まがい品が出ないように、夕張メロンという高品質なブランド確立のため に、こうした努力がなされているのです。

 じゃ、今年もみんなで「夕張メロン」を召し上がりましょう。甘味が強い、とにかくあま~い夕張メロン。気温の差が大きいからこそできた甘味が魅力ですね。そして柔らかくジューシーなんです。よだれもんですよ、ほんとに。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。