味わう

札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?

オホーツク観光大使・ラウフェンくかです!

札幌のソウルフード「ぎょうざカレー」でお馴染みの「みよしの」は、今年で50周年をむかえます。私は昔から好きで今でもたまに無性に食べたくなるのですが、今回は「みよしの」をご存じない方のためにその歴史や魅力をご紹介します!

札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?

「みよしの」の歴史~ぎょうざカレー誕生~

まず「みよしの」という名前は、現会長のお父さんが大正初期に札幌市の狸小路ではじめた大衆食堂「美よし野」がルーツとなっています。

そして1967年(昭和42年)、札幌市中央区に当時としては珍しい餃子専門店 「みよしの」3条店が開店しました。

開店10周年をむかえた1977年(昭和52年)には、新商品 「みよしのカレー」と「ぎょうざカレー」が販売開始となります。

当初、カレーは190円という驚きの安さで、「びっくりカレー」という名で登場しました。

ぎょうざとカレーを組み合わせるという斬新なアイデアは「みよしの」ならではのもので、今でも多くの人に愛されている名物メニューです。

▼「ぎょうざカレー」新発売時の新聞広告
札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?

1988年(昭和63年)には、"専門店の味を食卓へ"をテーマに「みよしのぎょうざチルド」の販売を開始。

こちらは広く北海道内のスーパー等で買えるので、もしかしたらお店では食べたことがないけど家では食べたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

現在は北海道内で25店舗展開中です。意外と知らない方も多いかもしれませんが、店舗のほとんどは札幌に集中していて、他は旭川2店舗、恵庭、千歳、苫小牧にそれぞれ1店舗ずつあります。

▼みよしの盛カレー
札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?

札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?
札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?

美味しさの秘訣とこだわり。

みよしのぎょうざは、普通の餃子と比べると少し小ぶりですが、そのまま食べても美味しいですし、ご飯やカレーとの相性も抜群。

新鮮な野菜と卵、たっぷりのお肉、そこに数種類の秘伝のスパイスで味付けした餡を極薄の皮で包みこんで出来ていて、薄くてもプリプリの食感になっています。

自社工場で作られたぎょうざはすぐに冷凍、そして店舗に配送され、専用の機械で焼き上げられます。

誰が作っても、どのお店で作っても味が変わらないように、作り方は厳密に決まっているそうです。

札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?

カレーは牛乳、玉ねぎ、にんじんや鶏肉を使用し、香り高いスパイスで味付け。

ルーの中に具材が細かく刻まれて入っていてコクがあるのが特徴で、トッピング食材との相性も考えて作られています。

それぞれ相性も考えながらこだわって作られた「ぎょうざ」と「カレー」。それが一つに組み合わさった大人気の「ぎょうざカレー」! それは素晴らしいハーモニーを生み出しますよね!

ぎょうざとカレーが別々になった「みよしのセット」も人気メニューの一つです。

みよしので食事をすると「こんなに美味しいものが、こんなに安く食べられていいの!?」といつも思ってしまいますが、安さにこだわりつつもお客さんに安心して食べてもらえるように、気配り・心配りの接客も大事にしているとのことで、本当に素晴らしいことだと思いました。

▼みよしのセット
札幌のソウルフード “ぎょうざカレー” の「みよしの」とは?

AirBookmark

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。