味わう

気になるお店を直撃!「名もないラーメン屋」その店名の由来とは?

編集部
Written by 編集部

気になるお店を直撃!「名もないラーメン屋」その店名の由来とは? 【旭川市】 旭川市豊岡の住宅街にその気になるお店はあった。お店の名前は「名もないラーメン屋」。打ち間違いではなく、こういう店名なのだ。ラーメン店ということはわかるけど「名もない」ってどういうこと?ということで早速このユニークなお店を直撃した。

天金系のシンプルで美味しいラーメン

気になるお店を直撃!「名もないラーメン屋」その店名の由来とは? 場所は、大通からは住宅街に入ったところにあるため、わかりにくい。旭川市街地からは旭山動物園へ通じる動物園通り(道道140号線)を豊岡方面へ。旭川環状線(道道90号線)を越えて豊岡14条7丁目の信号を右折、3ブロック目右手にある。黄色い看板を目指すとよい。

店舗は小さめだが庶民的でどこか懐かしい雰囲気の店内。カウンター席5つ、テーブル席2つの計13席で、奥に座敷もある。昼時は混雑する時があるので、時間をずらすとよい。

メニューは醤油・塩・味噌の各味700円、野菜800円、チャーシュー900円、野菜チャーシュー1000円。ランチ時(14:00まで)はランチタイムで、ネギのみのラーメンと小ライスがセットで650円というメニュー(下写真)も提供する。

気になるお店を直撃!「名もないラーメン屋」その店名の由来とは?

気になるお店を直撃!「名もないラーメン屋」その店名の由来とは? 麺は細めの黄色ちぢれ麺で、旭川ならではの醤油ラーメンがメイン。ラーメンに乗せる具材はシンプルで、チャーシュー、メンマ、ネギくらい。濃いめスープの美味しさが魅力で、豚骨の旨みを楽しみたい人にはオススメのお店だ。

実は深い意味がないという店名

ラーメンを作るのは宮本和明さん。宮本さんによれば、同店は17年前におじが始めたという。当初から現在のユニークな店名だが、名前を付けたのもおじ。「中道に入っているので、こんな名前だと面白いんじゃない?」と軽いノリで付けたという。曰く、特に深い意味はないらしい。

一時期は札幌にも同名のラーメン屋が存在したこともある「名もないラーメン屋」。ラーメンは美味しいと評判だし、お店の方も気さくで話しやすい皆さんなので、きっと気に入っていただけるはずだ。

名もないラーメン屋
住所:旭川市豊岡十四条7-5-19 [地図]
TEL:0166-32-3065
11:00~20:00、水曜日定休

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。