味わう

食材は馬の腸!?歌志内の炭鉱文化を支えた「なんこ鍋」とは

編集部
Written by 編集部

かつて北海道にはいくつかの炭鉱がありました。炭鉱があった場所にはたくさんの鉱夫とその家族が集まり、その場所特有の文化が生まれました。なかでも体が資本の鉱夫にとって重要な意味を持つ食に関しては、鉱山の数だけそれぞれ違う食文化があったと言っても過言ではありません。今回取材したのも、そうした食文化のひとつ。歌志内市の「なんこ鍋」です。

ルーツは秋田県の探鉱現場

「なんこ鍋」の歴史をたどるべく、まずは歌志内市の歴史を展示している歌志内市郷土館「ゆめつむぎ」を訪ねました。

▼歌志内市郷土館「ゆめつむぎ」
食材は馬の腸!?歌志内の炭鉱文化を支えた「なんこ鍋」とは

お話を伺ったのは、歌志内市教育委員会の佐久間淳史主査です。

「北海道炭礦鉄道株式会社ができたのが1889年、明治22年のことです。そして、翌年には空知採炭所ができました。当時、北海道には炭鉱の技術を持つ人がいなかったため、秋田の阿仁(あに)という炭鉱から、炭鉱技術を持った炭坑夫が渡ってきました。『なんこ鍋』はもともと阿仁の郷土料理だったのです」

▼「なんこ鍋」について教えてくださった佐久間淳史(さくまあつし)さん
食材は馬の腸!?歌志内の炭鉱文化を支えた「なんこ鍋」とは

「物語は江戸時代にまで遡ります。阿仁の探鉱現場は、それはそれは過酷なものでした。塵肺に冒され、働けなくなった人は容赦なく職場を追われていきます。ところがしばらくして、そうした人々が元気になって現場に帰ってきたのです。聞けば、彼らは馬を食べたと言う。馬肉が塵肺に効くという噂がまことしやかに広がりましたが、江戸時代に馬を食べるのは御法度でした。そこで、午の刻に太陽が南を向いていることから、隠語として馬のことをナンコ(南コ)と呼ぶようになったのです」(佐久間さん)

▼「ゆめつむぎ」で展示されている空知採炭所の様子
食材は馬の腸!?歌志内の炭鉱文化を支えた「なんこ鍋」とは

「なんこ鍋」が阿仁から歌志内に伝わり、馬肉は馬の腸に変わりました。現在でも歌志内の家庭では、盆や正月など人が集まるときに食べる郷土料理として伝えられています。実際に「なんこ鍋」とは、どういった食べものなのでしょうか?

▼現在では牛よりも高価になった馬の腸
食材は馬の腸!?歌志内の炭鉱文化を支えた「なんこ鍋」とは

もともとは味噌煮込みで「ナンコ」と呼ばれていましたが、20年ほど前の鍋ブームの際に呼び方を「なんこ鍋」と改め、徐々に広がっていきました。ただ、それぞれの家庭で食べられていたものなので、明確な定義はありません。肉だけを煮込んだもの、野菜と一緒に煮込んだもの、鍋にしたものなど、その形態はさまざまです。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。