味わう

ジャガイモ王国!!日本一!!

ジャガイモ王国!!日本一!!  北海道の農作物といえばジャガイモ。紛れも無くジャガイモ。ジャガイ モといえば北海道なのであります。日本一おいしいホクホクなジャガイモ です。広大なジャガイモ畑とジャガイモの花の咲き誇る風景も、北海道ら しいですよね。

 ジャガイモや馬鈴薯という名前も使いますが、北海道では「ゴショウイ モ」と呼ぶ人が多くいます。ゴショウイモという名前は、1株から五升分の 収穫量があるという意味の「五升イモ」に由来します。ただ単に「イモ」 と呼ぶ人も少なからずいますね。

 そんな「ゴショイモ」こと、ジャガイモにスポットをあててみましょう。

日本一の北海道!!

 ジャガイモ生産・収穫量は、日本一です! なんと国内の8割の生産量を誇 っているのです(約223万トン)。道民だけではとても食べきれない量です。 2位の県が10万トンくらいですから、圧倒的シェアですね。味、つまりおい しさも北海道はナンバーワンと、厚い支持をうけています。

 じゃ、なんで北海道がジャガイモナンバーワンなの?第一の理由は、昼 と夜の温度差が大きいこと、第二に、梅雨が無く春から秋に雨が少ないの で糖度やでんぷん質が高まること、他にも厳しい環境なので害虫も少ない し、そのぶん農薬も少なくクリーンなので、おいしいジャガイモがたくさ んとれます。

 北海道の有名な産地といえば?おわかりですよね、羊蹄山麓のニセコ町・ 倶知安町などは、良質なジャガイモ生産においてひと目置かれる存在です。 しかし支庁別で見ると、一番はやっぱり十勝で道内40%超の収穫量です。 続いて網走。その次に後志、上川と続きます。

●北海道のジャガイモのいろいろ!!→

ジャガイモ王国!!日本一!!

北海道らしくジャガイモを食べよう!!

 かつて、北海道は稲作が無く専ら畑作だったこともあって、作りやすく 貯蔵もしやすいジャガイモなどに頼った食生活でした。面白おかしくから かう人がいるようですが、これは北海道開拓時代や戦時下の北海道の出来 事であり、今でもジャガイモが主食なわけではありません^^。

 ジャガイモはそれほど北海道民に密着した重要な食べ物です。おやつ代 わりに食べることもあります。ジャガイモをどうやって食べる?というこ とですが、一番はあつあつのジャガイモにバターをつけて食べるのが一般 的でしょう。

 函館など道南地方では、新鮮なジャガイモに、バターの代わりになんと イカの塩辛をつけて食べるのが常識となっています。塩味との絶妙なコラ ボレーションが絶妙なのです。北海道内でも地域によって食べ方に違いが あります。

 ジャガイモを使ったおいしいおやつといえば、中山峠(札幌市-喜茂別町) の土産店で売っている「揚げ芋」。これはおいしすぎで、大変人気です。 また、古くからの家庭料理「いももち」(写真)という北海道ならではのおやつもあ り、茹でてすりつぶしたジャガイモに片栗粉を混ぜて作ることで、もちの ような感触を再現しています。形は団子状または大根輪切りの薄いバージ ョンと考えてくれればよいかと。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。