味わう

札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

札幌市中心部、北一条通り沿い。市内でも多くのオフィスビルが立ち並ぶこの地域に、興味惹かれるコンセプトを掲げたカフェがあります。

以前は「もぐらキッチン」という名前でランチタイムをメインに営業していたこちらのお店は、2019年4月にリニューアルし、アパレル販売とオーダースーツの専門店を兼ねた多目的スペースへと生まれ変わりました。今回はオーナー兼カフェの店長でもある須藤大和さんにお話を伺いました。

オフィス街という立地と空いている時間を有効に使うために

▼異色の経歴を持つ須藤店長
札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

以前は12年間、高校で英語の教員として働いていた須藤さん。元々は英語教室を開くためのスペースを探していて、その時にたまたま飲食店仕様のこの物件を見つけた事がカフェを始めたきっかけでした。

オフィス街という立地から、昼間は会社勤めの人へランチの提供を、夕方からは仕事帰りのサラリーマンへ向けて英語を教えるといった異色の二毛作スタイルで営業を開始。その中で、以前から交流の合った「ROUTE」の社長兼デザイナー・日根優作氏と意気投合し、店名に自社ブランドの名前を入れたアパレルカフェとしてリニューアルオープンする事になりました。

▼コンセントも付いているカウンター席
札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

▼壁面と棚にずらりとならんだ「ROUTE」の洋服
札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

▼オーダースーツの採寸も行っている
札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

電子レンジ0宣言!進化し続けるカフェメニュー

▼ランチメニューで人気がある「季節のパスタ」
札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

取材時は、春らしく菜の花や梅を使った和風パスタがシーズンメニューとして登場。全メニューに味噌汁とミニデザートが付いてきます。

なんと、こちらのフードメニューは全て「電子レンジ不使用」! スチームオーブンを使用し、体にいい食事作りを心掛けています。現在はリニューアル前と同じメニューを提供していますが、これから随時新メニューが増えていくそうです。

▼なんと!デトックスウォーターが飲み放題!
札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

美容にいい果物や野菜を使ったデトックスウォーターは、来店したお客様全員に提供。疲れた昼休みの休憩のお供に嬉しいですね。

オリジナルブレンドのコーヒーはテイクアウトも可能

▼以前の店名を残した「もぐらブレンド」(350円)
札幌のオフィス街にあるアパレルカフェ「ROUTE CAFE」の進化が止まらない

苦みと酸味のバランスが絶妙な「もぐらブレンド」は、誰からも嫌われない万人受けする風味のこだわりブレンド。今後はドリンクメニューも更に増やしていく予定です。

裏メニューならぬ裏サービス「大人の進路相談室」

オーナーである須藤さんは、カフェの営業が終わった18時より英語の先生となります。その英語教室の内容は一風変わっていて、占いによる性格診断から生徒さんの個性を伸ばすという英語の学習方法。他にも経営者対象のコンサルティング業務も請け負っており、多方面で相手の相談に乗り教授する「進路相談室」なのです。

これから多方面で進化が期待できる「ROUTE CAFE」。皆さんも是非訪れてみて下さいね。

ROUTE CAFE
所在地:札幌市中央区北1条西7丁目 広井ビルB1F
電話:011-252-9011
営業時間:11時30分~17時(18時以降は英語教室開催のため予約のみ)
定休日:日曜日
禁煙・Free Wi-Fiあり・コンセントあり

筆者について

はらぺこえりむし

はらぺこえりむし

倶知安生まれ、滝川育ち。学生時代は旭川で暮らし、現在は札幌在住。マニアック過ぎて趣味の域を超えたカフェ巡りは、道内外で300軒以上のカフェ訪問歴がある。あだ名は「歩く食べログ」。保育士、アパレル店員などの職を経て、現在はライティングを中心としたフリーランスの活動を開始。