味わう

ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

石簾マサ
Written by 石簾マサ

かつてゴールドラッシュで賑わった町として有名な中頓別町。調べてみると、今でも砂金が採れるのだそう。大金持ちになれるゾ!ということで中頓別町に向かってみた北海道ファンマガジン。そこで見つけたのは「砂金」ではなく「砂金ラーメン」でした。

砂金堀りの代替案として出されたものは?

▼道の駅ピンネシリ
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

まず情報を得るために訪れたのは道の駅ピンネシリにある中頓別町観光協会です。さっそく砂金掘りについてお話を伺ってみると「今はまだ雪が多くて装備がないと行けないですよ」と言われてしまいました。

▼お土産を売っているスペースの横に観光協会があります
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

「ペーチャン川で砂金掘り体験ができるツアーがあるのですが7月20日~8月25日の期間限定なのです」とおっしゃるのは観光協会の職員さん。「もちろん、体験ツアーに申し込まなくても自由に行って掘ることはできます。でも、体験ツアーなら500円でガイドが付きますし、用具も貸し出してますので楽ですよ」。

▼ペーチャン川砂金堀体験場(写真提供:中頓別町)
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

大金持ちになりに来たんですよと、ぶーぶー言う筆者に「砂金堀りは時期的に難しいですが、ゴールドラッシュ気分を手軽に味わえる、こんなものがありますよ」と教えてくださったのが「砂金ラーメン」でした。

▼道の駅ピンネシリでのみ販売している「砂金ラーメン」
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

金箔×竹炭入り黒麺のインパクト

砂金ラーメンは、砂金に見立てた金箔が入っているインスタントラーメンで、2007年に商品化されたものです。細かな金箔を目立たせるために竹炭入りの黒麺を使用しています。さっそく家に帰って作ってみました。

▼具を入れていない状態の砂金ラーメン。見た目のインパクト大!
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

ひと口食べて思ったのは、単に奇をてらったものではなく味にもかなりこだわっているということ。なんでも近隣の海であるオホーツクの塩を使っているとかで、透明感のある塩味が引き立っています。これだけでも十分おいしいですが、さらに具を入れて豪華にしてみました。

▼チャーシューと蒲鉾とネギをトッピング
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

シンプルな塩味なので具はどんなものを入れても違和感なくマッチしそうです。ただ、観光協会の職員さんによれば「お好みの具でお楽しみいただけますが、白や黄色の具材を選ぶと、金箔が目立たなくなるのでご注意ください」とのことでした。なるほど、せっかく食べるのなら金箔をしっかりと愛でながら、視覚でも味わいたいものです。

▼1食入り330円
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

▼2食入り1箱830円
ゴールドラッシュ気分を手軽に!中頓別町限定 金箔入り砂金ラーメン

ラーメンもさることながらパッケージもインパクト大な「砂金ラーメン」。道の駅ピンネシリ限定の販売ですが、物産展などがある場合には、札幌や道外でも販売することがあるそうです。

砂金ラーメンを味わいながら大金持ちになることを夢見てニヤニヤする筆者なのでした。みなさんもぜひプチゴールドラッシュ気分を味わってみませんか?

道の駅ピンネシリ
所在地:北海道枝幸郡中頓別町字敏音知72番7
電話:01634-7-8510
営業時間:9時~17時
休館日:年末年始(12月31日~1月3日)
Facebook

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】