味わう

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

  

六花亭に並ぶ十勝二大製菓といえば「柳月(りゅうげつ)」でしょう。その代名詞と言えるのが、「三方六(さんぽうろく)」。道民の間でもファンの多いバウムクーヘンです。「三方六」ファンなら誰もが知る幻の「三方六」といえるのが、「三方六の切れ端」で、入手するのが難しいことで知られています。

今回は、柳月「三方六の切れ端」とはなんなのか、そしてそれを入手するにはどうすればいいのか、ご紹介します。

「三方六の切れ端」とは

「三方六」は1965年に誕生。いまや道民では知らない人はいないほど、有名なロングセラー商品になりました。

もともと開拓時代、各家庭に積まれた薪の三方六寸カット(三方が六寸=18cm)にちなんで名付けられました。白樺の木肌をイメージして、表面に茶色のミルクチョコレートと白色のホワイトチョコレートで木の模様を付けたバウムクーヘンは、厳選された北海道産の砂糖・バター・小麦粉を使い、しっとりした食感が魅力です。

三方六はバウムクーヘンですから、長い棒を回転させながら焼き上げていきます。これにより、芯を抜いた中心は空洞になり、輪のほうには木の年輪のような層ができます。こうして完成したものを適当なサイズにカットし販売するわけですが、その前に、作る過程で丸くなった両端を切り落とす必要が生じます。

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

この切り落とされた「三方六」は商品として販売されることはありませんが、「三方六の切れ端」または「三方六の端っこ」と呼んで、超格安でファン向けに販売しています。切り落としは絶対数量が少ないため、音更町のスイートピア・ガーデン店で詰め合わせにして限定販売しています。

通常、店頭で販売されることがほぼないだけでなく、リーズナブルに「三方六」の味が楽しめるとあって、知る人ぞ知る隠れた人気商品となっています。

「三方六の切れ端」を手に入れる方法

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

「三方六の切れ端」は30分前までに並ぶべし

「三方六の切れ端」は前述の通り、音更町郊外にある柳月スイートピア・ガーデン店でのみ数量限定で販売されています。それでもたいてい、店頭には置かれていません(昼過ぎでも店頭で購入できた時代もありました)。ではどうやって入手するのかというと、オープン時間前から並ぶのです。

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

同店のオープン時間は午前9時。その時点で並んでも大抵は無駄足になります。最低でも30分前、つまり8時半には並んでおく必要があります。その時点でもすでに20~30人程度並んでいることがほとんどです。ということはもっと早くに並ぶ必要がありそうです。

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

並んでいるお客さんの目当ては、もちろん「三方六の切れ端」。店舗入口には、それ目当てで来たお客さんのために購入方法を掲示しています。並び方は正面入口右側から2列に並んで、フード下で待ちます。

「三方六の切れ端」は整理券と交換

「三方六の切れ端」は、柳月では「完全数量限定 三方六お買い得品」と呼びます。毎日生産状況に合わせて工場から入荷している完全数量限定品であるため、その日によって販売数量が変わります。

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

販売されているのは、プレーン味(約1kg)、メープル味(約1kg)、その他日替わり商品(季節限定味やプレーン味のハーフサイズ)。約1kgの袋詰には、円盤状の切れ端が3~5枚入っています。味やチョコのかかり具合はばらつきがあります。※この日はきなこの小割タイプが約500gが400円で販売されました。

完全数量限定 三方六お買い得商品の一覧
1.プレーン味(約1kg)・550円
2.メープル味(約1kg)・600円
3.日替わり商品(都度変更)
4.プレーン味(小割タイプ約500g)・350円

購入は整理券方式。オープンの約30分前から配布されるので、それまでに並んでおく必要があるわけです。スタッフが列の全体に聞こえるようにメガホンを手に、三方六お買い得商品(=いわゆる三方六の切れ端)のご案内をします。今日入荷している切れ端の種類が発表されるので、何を購入するか決めます。

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

スタッフが列の先頭から一人ひとり、希望商品を聞いていきます。一人一つまでです。このときに伝えた通りの整理券が渡されるので、変更はできません。だいたいプレーン味の1kgが最初に売り切れますので、後列ほど季節限定味やプレーン味ハーフサイズになります。そして、整理券がなくなり次第、完売が宣言されます。

店のオープンと同時に列は店内の「三方六の切れ端」引き換えスペース(カフェスペース)へ。整理券と交換してゲットすると、レジに並ぶという流れになります(引き換えは開店直後のみ)。

並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

▼プレーン(小)ハーフサイズ500gで350円(税込)
並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは
並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは
並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは 並んでも買いたい?! すぐ売り切れる幻の柳月「三方六の切れ端」とは

通常商品「三方六」1本は、200gちょっとで680円(税込)です。切れ端の方は、形は整っていないとはいえ生地の味はそれほど変わりませんから、かなりのお買い得商品であることがわかるかと思います。

数量に限定があるので、購入できる保証はできませんが、柳月側としてもできる限り用意しているとのこと。購入できたらラッキーといえる柳月の「三方六の切れ端」。「三方六」が大好きでたまらない方はチャレンジしてみてください。

【動画】映像で見る「三方六の切れ端」

柳月スイートピア・ガーデン
所在地:北海道河東郡音更町字下音更北9線西18-2
営業時間:9時~17時

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。