学ぶ

国内有数のホタテ水揚げ量を誇る猿払村―その奇跡の復活劇に迫る

道内各地の特産品や地場産業の話題をお伝えする連載「北洋銀行のこの街紹介」。今回は、宗谷郡猿払村からお届けします。

今や北海道内でも有数のホタテ水揚げ量を誇る猿払村ですが、順風満帆だったわけではありません。かつては資源が枯渇し、漁業が困窮した時代があったのです。そこからどのように立ち直っていったのか、また、現在のホタテ漁の様子なども含め、猿払村の歴史を紐解いてみましょう。

「獲る」漁業から「育てて獲る」漁業へ

▼漁師たちの朝は早い
国内有数のホタテ水揚げ量を誇る猿払村―その奇跡の復活劇に迫る

オホーツク海に面した猿払村は、村としては北海道一面積が大きく、日本一北にあります。人々は明治時代から魚貝を獲って生活の糧とし、オホーツク海の豊かな恵みが村を潤してきました。猿払村漁業協同組合が海辺に建てた「いさりの碑」には、こんなふうに刻まれています。

「鰊の郡来で海は乳白色になり(中略)帆立貝は海の底に幾層にも重なり合っているのではないかと錯覚を起こさせる位生棲していた」

▼漁港に停泊するたくさんのホタテ漁業船
国内有数のホタテ水揚げ量を誇る猿払村―その奇跡の復活劇に迫る

昭和10年代にはホタテ水揚げ量日本一を誇るほどになりましたが、漁船の大型化や乱獲などにより、その後は減少の一途をたどります。村は困窮し、やがて他の地域から「貧乏村」などと揶揄されるほどにまで衰退しました。

そんな中、1961(昭和36)年に猿払村漁業協同組合の組合長に選出された太田金一氏は考えました。「獲る」一方だった村の漁業を「育てて獲る」漁業へと転換させるべきだ、と。

▼「育てて獲る」漁業へと
国内有数のホタテ水揚げ量を誇る猿払村―その奇跡の復活劇に迫る

太田氏は研究者や専門機関から指導を受けながら、ホタテの増殖事業計画に奔走します。そして1971(昭和46)年、猿払村漁業協同組合は、10年計画によるホタテ稚貝放流事業を開始したのです。巨額を投じることに不安視する組合員もいましたが、太田氏はこの放流事業に村の復興を賭けたのでした。

▼復活した現在のホタテ漁
国内有数のホタテ水揚げ量を誇る猿払村―その奇跡の復活劇に迫る

1974(昭和49)年、とうとう水揚げ再開にこぎつけました。そこから猿払村の漁獲量は驚異的に回復し、見事な復興を遂げました。もちろん過去の教訓を活かし、育てて獲る漁業は続けられています。

先に紹介した「いさりの碑」は、そんな精神を忘れず、後世に受け継ぐために1981(昭和56)年に猿払村漁業協同組合によって建てられたものです。その最後は、こう締めくくられています。

「人間は神々と力を競うべきではない/人間は自然の摂理に従うべきだ」

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】