味わう

創業60年「十勝おはぎのサザエ」が道民に愛され続ける秘密とは?

石簾マサ
Written by 石簾マサ

札幌に住んでいると、デパートやスーパーでよく目にする「サザエ」の文字。道民なら誰もが知っている、そして誰もが一度は買ったことのある「サザエ食品」の看板です。陳列棚に並べられているのは、丸々としていかにもおいしそうなおはぎや、ふっくらとして思わず頬ばりたくなるおにぎりなどなど。

今回は、そんな「サザエ」の歴史、名前の由来、さらにはおはぎ名人、たいやき名人の妙技まで取材してきました。動画もあるので、とくとご覧あれ!

脈々と受け継がれる看板商品おはぎ、そのスゴ技とは!?

▼黄色い看板と緑の外壁が印象的な本社
創業60年「十勝おはぎのサザエ」が道民に愛され続ける秘密とは?

「サザエ食品」が誕生したのは、ちょうど今から60年前。1957年(昭和32年)に、函館の朝市にできた小さな食堂「サザエ」が、そのはじまりでした。あの国民的マンガで描かれている家庭のように、賑やかな店になってほしいと、名前をズバリ「サザエ」にしたということです。

今では看板商品となっているおはぎも、もともと創業者である野村とみさんが、食堂の従業員や子どものおやつとして作っていたものでした。まさにマンガの「サザエさん」同様、古き良き昭和の風景が、そこには広がっていたのです。

▼つぶあん、こしあん、きなこ、ゴマ 各130円(税別)
創業60年「十勝おはぎのサザエ」が道民に愛され続ける秘密とは?

お客さんにお裾分けすると評判となり、試しに市場で売ってみるとこれが大好評。当時1個10円のおはぎは、安くて大きくておいしいと、あっと言う間に売り切れるようになりました。やがて「サザエ」は食堂から、おはぎの店へと変わっていきます。

現在は商品名を「十勝おはぎ」とし、その名の通り、十勝産小豆と北海道産のもち米にこだわって作られています。奇をてらわない素朴な味わいは、創業当時の「お母さんの手作りの味がお手本」という基本姿勢を忘れることなく、今でも手作業でひとつひとつ作られているというから驚きです。なんと、名人になるといちいち量らなくても、培った感覚と技術で一定の重さのおはぎを作り続けることができるのだとか。

▼おはぎ名人、商品部係長の久保田真澄さん
創業60年「十勝おはぎのサザエ」が道民に愛され続ける秘密とは?

そんな名人のひとりに、その妙技を披露してもらいました。商品部係長の久保田さんの手にかかれば、ごはん50g、あんこ50g、ピッタリ100gのおはぎがどんどん量産されていきます。

【動画】長年培った感覚と技術でおはぎを作る

※厨房施設ではない所で撮影しております。

この技術こそが、創業60年の重み。おはぎに対する愛情が、脈々と受け継がれていることの何よりの証です。

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。