味わう

市民も名物と気づいていなかった旭川のソウルフード「新子焼き」とは?

石簾マサ
Written by 石簾マサ

旭川に行ったら「旭川ラーメン」もいいけど「新子焼き」も食べないとね、という話を聞いたのは昨年のことでした。調べてみると「旭川名物『新子焼き』の会」という団体があり、この「新子焼き」をピーアールしているようです。

「新子焼き」っていったい何? さっそく「旭川名物『新子焼き』の会」にお話を伺ってきました。

旭川市民は名物だと気づいてなかった!?

「新子焼き」とは、若鶏の手羽を含めた半身を焼いたもののことだと教えてくれたのは「旭川名物『新子焼き』の会」事務局の久保竜弥さんです。この「新子焼き」は、最近作られたB級グルメ料理ではなく、戦後誕生した旭川のソウルフードなのです。

なぜ若鶏の半身焼きが「新子焼き」という名称になったのかお聞きすると、由来は魚の「コハダ」だと教えてくださいました。

「コハダ」は出世魚で、いちばん小さい頃に「新子」と呼ばれているのは誰もが知っています。そこから派生して、ほかの魚や新人などのことも新子と呼ばれることがあります。旭川では以前から親鳥を焼いたものを山賊焼き、若鶏を焼いたものを新子焼きと区別していたことから、この名前が定着したのだそうです。

▼「旭川名物『新子焼き』の会」事務局の久保竜弥さん
市民も名物と気づいていなかった旭川のソウルフード「新子焼き」とは?

歴史ある「新子焼き」がこれまで知られてこなかったのは、旭川市民が「新子焼き」が旭川だけのものだと気づいてなかったから。焼き鳥屋さんなどで普通にメニューに載っている一品だったので、旭川以外でも食べられているものだと思っていたのです。

旭川を出て、何気なく「新子焼き」の話をすると「何それ?」と聞かれたり、地方から来たお客さんに「新子焼きって何?」と聞かれることが多かったので、調べてみると旭川にしかないものだと知ることになりました。

そこで「新子焼き」を旭川の名物として世に知ってもらおうと有志を募って立ち上げたのが「旭川名物『新子焼き』の会」なのです。会に参加しているお店は10店で、応援してくれている賛助会員は4企業です(2017年3月1日現在)。

2014年7月には、4月5日を「新子焼きの日」とすることが日本記念日協会(http://www.kinenbi.gr.jp/)によって認定されました。それを受けて、4月は「新子焼き月間」として、「新子焼き」を割引したり、景品を配ったりしています。

このように最近認知度がアップしてきている「新子焼き」をさらにピーアールし、「新子焼き」で旭川の活性化に少しでも繋げたいという思いで、「旭川名物『新子焼き』の会」は活動を続けています。

▼若鶏の半身を焼く「新子焼き」、味付けは自由なのだそう
市民も名物と気づいていなかった旭川のソウルフード「新子焼き」とは?

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。