味わう

カツ丼なのに卵でとじない?! 独自文化が根付いた訓子府たれカツ丼とは

石簾マサ
Written by 石簾マサ

温かいご飯の上に乗ったサクサクのトンカツ。カツとご飯が奏でるハーモニー。それがカツ丼。カツ丼と聞くと卵でとじたものを思い出す人も多いと思いますが、名古屋の味噌カツ丼、福井のソースカツ丼、岡山のデミカツ丼など、その地域だけで独自の進化をしたものもあるようです。北海道にもそんなご当地グルメが存在しました。訓子府町(くんねっぷちょう)のたれカツ丼です。

独自のカツ丼が根付いた訓子府町

訓子府町は北海道の東側、北見市のすぐ西側にある小さな町です。この訓子府町で「カツ丼とはどんなもの?」と聞いてみると、「タレがかかったトンカツがご飯の上に乗ったもの」と答えが返ってきます。では、私たちがよく食べる「卵でとじたトンカツがご飯に乗ったもの」を知らないのか聞いてみると、それも知っているけどそれは「とじカツ丼」と言うのだそうです。

▼タレがかかった豚カツが乗っているのが訓子府町でのカツ丼なのだ
カツ丼なのに卵でとじない?! 独自文化が根付いた訓子府たれカツ丼とは

たれカツ丼が訓子府町に定着した経緯を調べてみると、かなり長い歴史があることがわかりました。1933(昭和8)年にオープンした食事処福よしが、1935(昭和10)年に客からの声をヒントに出したのがはじまりなのだとか。それが口コミで広がり人気を得て、福よしで働いていた職人さんたちが独立の際、独自のたれカツ丼を開発し、自分の店のメニューとして広めていったのです。

▼現在は五代目が店を切り盛りしている福よし
カツ丼なのに卵でとじない?! 独自文化が根付いた訓子府たれカツ丼とは

小さな町でいくつかの店が出すようになったことで、訓子府町のカツ丼としてたれカツ丼が根付きました。現在では訓子府町のご当地グルメとして評判を呼び、たれカツ丼を食べるためだけに訓子府町に訪れる人も増えています。ちなみにたれカツ丼の定義はそれほど厳しいものではありません。卵でとじていないことと、タレは醤油ベースだということぐらいで、あとは自由。肉の種類も自由なのだそうです。

▼訓子府たれカツ丼イメージキャラクター「たれカツ丼乙女 くるねちゃん」
カツ丼なのに卵でとじない?! 独自文化が根付いた訓子府たれカツ丼とは

たれカツ丼発祥のお店「福よし」で実際に食べてきました。サクサクの衣をまとったトンカツ。タレは甘辛い醤油ダレ。豚丼とかうな重のタレに近いと言えばなんとなく想像できるのではないでしょうか。けっこうコッテリした印象ですが、決してくどくはなく、いくらでも箸が進む味でした。

▼福よしの「たれカツ丼」800円
カツ丼なのに卵でとじない?! 独自文化が根付いた訓子府たれカツ丼とは

現在(2017年11月)、訓子府町ではたれカツ丼を食べられるお店が福よしを含めて8店舗あります。それぞれ独自の味の醤油ダレがかかっていて、同じたれカツ丼とはいえ店ごとの特徴が異なります。訓子府町に訪れた際には、食べ比べてみるのはいかがでしょうか。

▼食事処福よし
カツ丼なのに卵でとじない?! 独自文化が根付いた訓子府たれカツ丼とは

食事処福よし
所在地:北海道常呂郡訓子府町元町37
電話:0157-47-2057
定休日:日曜日
営業時間:11時~14時、17時~20時30分

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】