"> ">うに+ラムネってどんな味? 衝撃の新商品「小樽うにラムネ」が話題! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

うに+ラムネってどんな味? 衝撃の新商品「小樽うにラムネ」が話題!

編集部
Written by 編集部

【小樽市】 小樽市の野島製菓が2013年6月に「小樽うにラムネ」を世に送り出した。海産物である「うに」と炭酸飲料である「ラムネ」という異色のコンビが話題を呼び、発売1カ月で大ヒット状態に。販売店舗によっては売り切れも出るほどになっている。小樽の新名物として要チェックだ。

「小樽うにラムネ」といっても天然のウニは入っていない!

「うに」と大きく記載されるパッケージは黒。内容物はオレンジ色で、黒とオレンジ色の外観であるが、形はいたって普通のラムネ。気になる香りは、どこかニンジンジュースのようなにおいにも感じさせる。実際に飲んでみると、ラムネらしい甘みはあるのだが、しょっぱさも少し感じられる不思議な味わいだ。美味しく飲むことができる。

うに+ラムネってどんな味? 衝撃の新商品「小樽うにラムネ」が話題! うに+ラムネってどんな味? 衝撃の新商品「小樽うにラムネ」が話題!

小樽地ラムネ「小樽うにラムネ」を製造するのは、小樽市で大正時代後期の1925年に創業した、約90年の歴史を持つ老舗菓子メーカー・野島製菓株式会社。赤肉メロンをイメージした「北海道メロンラムネ」、ハスカップをイメージした「北海道ハスカップラムネ」、ラベンダーをイメージした「北海道ラベンダーラムネ」、知床の海洋深層水を使用した「クリオネラムネ」など、北海道土産として販売されている地ラムネを数多く製造してきた。

今回誕生した「小樽うにラムネ」は、オンライン販売で協力する一般社団法人小樽物産協会と企画。「小樽と言えば海、海と言えばうに」という小樽のイメージを参考に開発することになった。原材料を見ると明らかなように、天然うには使用しておらず、うにフレーバーを使用。合成着色料不使用で、カロチン色素と紫コーン色素を使いウニのオレンジ色のイメージを作り上げた。味は、海洋深層水と、魚類由来の海洋性コラーゲンであるマリンコラーゲンを配合している。

品名:「コハク小樽うにラムネ」
原材料:果糖ぶどう糖液糖、海洋深層水、マリンコラーゲン、酸味料、香料、着色料(カロチン色素、紫コーン色素)
内容量:200ml
定価:200円
▼「小樽うにラムネ」を飲んでみた

うに+ラムネってどんな味? 衝撃の新商品「小樽うにラムネ」が話題! うに+ラムネってどんな味? 衝撃の新商品「小樽うにラムネ」が話題!
『初めて見たら買って飲むのに勇気がいりますが、一度飲んだら美味しかったので小樽に行ったらまた飲んでみたい』

「小樽うにラムネ」が話題になりヒット、入荷待ちも……

斬新なネーミングゆえか、発売1カ月経過した「小樽うにラムネ」は出だし好調。現段階では小樽市内の主要な土産店で購入することができるが、観光客が多く訪れる土産店では売り切れも出ている。

野島製菓によると、同社が把握している販売店としては、JR小樽駅内「駅なかマート タルシェ」やウィングベイ小樽内5番街1階の土産店「PASSIOS(パシオズ)」があるが、入荷待ちか残りわずかの状態となっている。同社は『問い合わせも多数来ている、人気が出てありがたい』と話し、同商品を店頭に置いている市内のある土産店も『どんどん売れていて驚き。残り本数は出ている数本だけなんです』と興奮気味に話す。

「小樽うにラムネ」は、共同企画の一般社団法人小樽物産協会によるインターネットショップ「小樽家族」でオンライン販売している。小樽市へ行くことができない方は、是非ご利用を。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。