味わう

ヤツメウナギが日本一だった道内

 札幌市の隣町、石狩平野の内陸にある江別市には「江別漁業協同組合」 があります。漁協が存在するわけは石狩川。市街地北端を石狩川が流れて いるわけなのですが、石狩川で何がとれるのでしょうか。

ヤツメウナギって?

 全国的にもヤツメウナギ(八目鰻)が有名なのは石狩川。特に江別市は名 産品の一つであります。名前の由来はエラが片側に7つあり、本当の目と 合わせて8つ目があるように見えることから。名前にウナギとついていま すが、実際はウナギの仲間ではなく、無顎類ヤツメウナギ目ヤツメウナギ 科

 分類上は魚ではありません。外見はウナギそっくりであり、長さは50~ 60cm。ヤツメウナギのうちポピュラーなのはカワヤツメと呼ばれるもので、 北海道や東日本の日本海につながる河川を中心に生息しています。秋頃に 産卵のため遡上してくるので、サケと同じような感じでしょうか。

ヤツメウナギを捕獲せよ

 北海道ではヤツメ漁は明治の開拓時代から行われてきて、最盛期には北 海道のヤツメウナギシェアは全国1位でした。道内では、石狩川水系と後 志管内尻別川がほとんどを漁獲し、残り5%ほどは同管内朱太川と檜山管内 後志利別川の2箇所で漁獲しています。

 江別での近年の年間漁獲量は年々減少傾向です。1984年から漁獲量が急 増、以降約5年はそれ以前の2倍も漁獲されました。ピークだったのは約72 t漁獲できた1986年。しかし1990年代は激減、1995年ころには10t代で推移、 現在は1tを割るようになってきています。石狩川の河川改修工事が一つの 原因といわれています。養殖という手もありそうですが、実際にはできな いそうです。

 江別漁協で秋から春にかけて行われる漁獲の方法は、石狩川にカヤ製の 手作りドウを沈めるというもの。このドウは太目のビンのようなカゴ(直 径約80cm)で、人の背丈弱の高さ(約1.5m)があります。ヤツメくんはこれ に入ったら出られません。ただ、最近では鉄と網製ドウや定置網も用いら れています。

※ちなみに石狩川水系でヤツメウナギ漁の許可を得て漁を行っているのは 江別漁協だけではありません。石狩川河口では石狩漁協も行っていて、漁 獲量はほぼ同じです。テリトリーは石狩漁協が石狩川河口付近と茨戸川半 分、江別漁協は茨戸川半分と、石狩川は江別を経て岩見沢大橋まで。

ヤツメウナギは食べられるんです

 ウナギは食べたことがあって好きな人も多いかもしれませんが、ヤツメ ウナギはあまり食べたことがない人も多いでしょう。いまや漁獲量も減り 稀少・絶滅危惧にあるヤツメウナギですが、実は栄養たっぷりなんです。

 特にビタミンA含有量は半端じゃない。他の魚介類に比べて突出してい て、ウナギの8倍とかいいます。だから免疫を高めてくれるし、目に良い らしい……。ガンの予防にも効果があるともいわれます。

 旬は秋~春。ウナギ同様、ぶつ切りにした蒲焼が最も一般的な食べ方。 ほかには刺身だとか、丼もの、味噌味のヤツメ汁、ヤツメソーセージ、石 狩川の八ッちゃんというヤツメの甘露煮まで様々。食感はほぼウナギで、 弾力もあるのですが、コリコリした軟骨があるのがウナギと違うところ。 ツウの間でうまいと言われるのが「寒ヤツメ」、つまり寒い時期に漁獲さ れた脂の乗ったヤツメ。

 1990年以来、毎年4月には「江別ヤツメうなぎ祭り」が開催されていま したが、漁獲量激減が響いて2001年で終了されました。保護などに取り組んでいるのは石狩川やつめ文化研究会。ヤツメウナギをPRする運動として、ヤツメウナギサンバ、こいのぼりならぬ、ヤツメウナギのぼりなどが発案されています。

 ヤツメウナギの商 品を江別で見つけるには、12号線沿いにある江別河川防災ステーション内 が何かと便利ですし、江別市内にはヤツメウナギ料理を出す店が幾つかあ ります。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。