味わう

手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

石簾マサ
Written by 石簾マサ

「すながわスイートロード」のお店を毎月取り上げているこのコーナー、これまでは洋菓子中心でしたが、今回は初めて和菓子を専門に扱うお店をご紹介します。創業当時から砂川で和菓子を作り続ける「吉川食品」です。さて、今回はどんなお菓子たちと出会えるのでしょうか?

冷凍ものだからこそ可能なこと

▼創業当初から同じ場所、吉川食品株式会社
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

「吉川食品」が誕生したのは1953年のこと。最初は大福やおもちを販売する和菓子屋からのスタートでした。それが業務用へと転換していったのが1970年くらい、ちょうど冷凍技術を取り入れた頃のことです。

現在では冷凍ものを専門に扱っており、そのため全国のスーパーで北海道で食べるのと変わらないおいしさの和菓子を購入できるというのが「吉川食品」最大の魅力と言えるでしょう。

本社にて、作業工程を見学させてもらいました。

▼大きな釜が並ぶ光景に、ワクワクします
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

大きな釜で炊いているのは、あずきです。「吉川食品」では、十勝産を使っています。ちなみに、商品に使われている材料は、もち米も砂糖もきなこも塩も、すべて北海道産です。

▼あずきが詰まった大量のばんじゅう!
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

和菓子にとって、あずきは命。大量のばんじゅうが積み重ねられ、そのどれにもたっぷりとあずきが敷き詰められています。ちょっと圧倒される眺めです。

▼機械に頼らない作業工程に驚き
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

おはぎは、ひとつひとつ、人の手で丸められていきます。「吉川食品」の商品が全国で求められるのは、素材の良さはもちろん、こうした手間暇かけた工程があるからこそ。大ぶりのおはぎが、いかにもおいしそうな表情で並んでいきます。

▼冷凍した商品は全国へ出荷される
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

こうして大切に作られた商品は、-30℃で2~3時間かけて冷凍されます。冷凍だからこそ、保存がきくというのも大きな特長です。長いものでは、賞味期限が1年ほどだというから驚きです。食べる時は自然解凍します。作りたてと同じようなおいしさが、全国どこの家庭でも食べられます。

北海道のおいしさを全国の家庭へ

ちなみに、砂川にある吉川食品株式会社には、直売所が設けられています。スーパーなどのお店で買うよりも、2~3割安く買えるというのが魅力的です。

▼直売所内の様子
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

▼メニューがズラリ! 目移りしてしまいそう
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

何と言っても人気なのは、やはり「十勝おはぎ」です。

▼「十勝おはぎ おぐら」3個入り281円、12個入り1,058円
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

あずきの風味がしっかりと感じられる餡は、ほどよい甘さでしっとり、もっちり。食べごたえもあり、きっと満足できるはずです。「おぐら」の他に「きなこ」「ゴマ」「ずんだ」もあります。

▼4種類買って、食べ比べするのも楽しそう
手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

すながわスイートロード協議会のイベントに出店したり、2016年の11月には東京の早稲田に直営所をオープンしたりと、何かと話題の多い「吉川食品」。現在では全国のスーパーのみならず、アメリカ、イギリス、カナダなど、海外のスーパーにも進出しています。吉川というブランドを知ってもらい、北海道を、さらには砂川を知ってもらいたいという思いが、そこにはあります。

北海道ではない場所に住んでいる人も、近所のスーパーで「吉川食品」の商品を見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。北海道のおいしさは、意外と身近にあるものだと実感してもらえるはずです。

手間暇かけて作ったおはぎが世界のスーパーに並ぶ!砂川市「吉川食品」

吉川食品株式会社
所在地:北海道砂川市東豊沼26番地
電話:0125-54-1611
直売所営業時間:9時~17時
直売所定休日:日祝(土曜日は営業する日もあり)
ホームページ

直営店「北海道おはぎ よしかわ」
所在地:東京都新宿区西早稲田2丁目1番7号
電話:03-6380-3703
営業時間:11時~17時
定休日:日曜日
ホームページ
AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】