TBSで放映されているドラマ「南極大陸」には">
 TBSで放映されているドラマ「南極大陸」には">根室市でTBSドラマ「南極大陸」昭和基地ロケセット公開! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

根室市でTBSドラマ「南極大陸」昭和基地ロケセット公開!


 TBSで放映されているドラマ「南極大陸」には南極大陸のシーンが登場していますが、実は根室市など道東で撮影されたものです。この放送に伴い、根室市内でドラマに使われたロケセットの展示が始まりました。(提供・協力:北海道庁広報公聴課・根室振興局)

 TBS開局60周年記念日曜劇場「南極大陸」は、2011年10月16日に放送開始された連続テレビドラマ。昭和30年代が舞台で、敗戦国でありながら南極観測のために尽力する南極観測隊と樺太犬の愛と絆のドラマです。第一次南極観測隊隊員・第一次越冬隊副隊長である主人公・倉持岳志を木村拓哉さんが務めました。

 ロケは真冬・2011年2月に根室市にてクランクイン、4月にかけて道東で撮影されたとのこと。昭和基地セットは根室市別当賀に建設され、南極の舞台は全面凍結した風蓮湖で撮影。ドラマに登場する一面雪原の南極の風景は起伏の少ない根室ならではです。そんな「南極大陸」のロケセットが、TBSテレビの全面協力で根室市内の3カ所で、2011年10月31日~2012年3月20日までの期間中、再現展示されています。

根室市でTBSドラマ「南極大陸」昭和基地ロケセット公開!

 公開されているのは、(1)道の駅「スワン44ねむろ」、(2)根室市観光物産センター、(3)まちなかサロン恋問。それぞれどんな展示があるのでしょうか?道の駅には、根室市別当賀の昭和基地セットの外壁、横浜から運ばれた昭和基地食堂セット、越冬隊の衣装、第1話登場の訓練用犬ぞりなどがあります。

根室市でTBSドラマ「南極大陸」昭和基地ロケセット公開!
根室市でTBSドラマ「南極大陸」昭和基地ロケセット公開!

 根室市観光物産センターでは、昭和基地出入口外観セット、越冬隊の衣装、手ぞりなどが展示されており、氷雪の様子も再現されています。まちなかサロン恋問は、TBS美術スタッフが制作した昭和基地模型展示、スタッフのアンケート閲覧コーナーが見所。

 詳しくは根室観光協会のホームページもご覧ください。展示会場により公開時間や休館日が異なりますが、月曜日・水曜日はいずれかが休館、年末年始はどこも休館です。ロケスタッフオススメのマップも掲載されており、根室観光にも役立つこと間違いなしです。ドラマを楽しみにしておられる方は、根室のロケセットを見に行ってみるのはいかがでしょうか。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。