北の京芦別公式サイトトップページより
北の京芦別公式サイトトップページより北の京芦別のメッセージが壊れてて面白いと話題に – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

北の京芦別のメッセージが壊れてて面白いと話題に


北の京芦別公式サイトトップページより

 高さ88mの北海道大観音や五重塔ホテルがシンボル的存在である芦別市の「北の京芦別」。1970年7月に芦別レジャーランドとして開園、1988年以来現在の名称で親しまれている。

 2008年4月はじめまでは株式会社北の京芦別が運営し、同年11月まで有限会社ランドが営業、その後株式会社アイカムが継続した。2011年10月末、株式会社アイカムが資金繰り悪化・撤退に伴い10月末日を持って休業、従業員も退職と報道され衝撃が走った。

 そんな北の京芦別。団体合宿予約が入っていたり、施設老朽化防止のため2011年12月12日12時に営業再開すると公表しているが、そのことを伝える公式ホームページが、自虐的で開きなおっており面白いとネット上で話題になっている。

 公式ホームページのトップページには「平成23年12月12日12時 営業開始!! ……・してもいいですか?」と大きな見出しで書かれている。「毎度ご心配おかけして申し訳ございませんm(_ _)m」と絵文字付きでお詫びのコメントを載せた後、以下のように続けている。

「何度も閉めては開けてるね。」……・おっしゃる通りです!
「お風呂古いよね。」……・おっしゃる通りです!
「寒いよね。」……・おっしゃる通りです!
       ……・少~し改善しました。

「もうやってけないんじゃない?」……・それもおっしゃる通りです!(汗)

 その後には、長年運営してきて様々なお客様が来られたこと、一人でも必要としてくれている人がいる限り頑張る、だからたくさん応援しに遊びに来て欲しいと綴られている。

 北の京芦別では、2011年12月12日営業再開後2012年1月末日までキャンペーンを実施すると発表。日帰り入浴は大人380円、子供150円、素泊りは大人3300円、子供2200円と設定。「年末・お正月関係なくこの料金でやってみようと思います!」と決意表明。最後に「不死鳥(^-^;)……・北の京芦別」と締めくくられている。

 お客さんへのお手紙風の営業再開のメッセージをホームページに載せた北の京芦別だが、うけを狙ったのか、もう面白いことになっている。ぜひホームページを訪れてやってほしい。いや、実際に芦別「北の京芦別」を訪れてみてほしい。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。