2011年カリフォルニア・レーズン">
 2011年カリフォルニア・レーズン">カリフォルニア・レーズン金賞『スターライトレーズン』道内限定発売中 – 北海道ファンマガジン
トピックス

カリフォルニア・レーズン金賞『スターライトレーズン』道内限定発売中


 2011年カリフォルニア・レーズンベーカリーコンテストでカリフォルニア・レーズン金賞を受賞した作品『スターライトレーズン』が、北海道内のスーパーマーケットにて限定発売されている。

 道内限定で発売されているのは「スターライトレーズン」というレーズン入りのパン。カリフォルニア・レーズンを練り込んで、ふんわりやわらかなパン生地に仕上げ、さっくりとしたパイ生地でシナモンをほんのり効かせたアーモンドクリームを挟み込んだパン。

 形状は、かわいらしい星型のパンである。気になる味は、芳醇なカリフォルニア・レーズンの味わい。レーズンのフルーティーさを引き立てており、パン生地とパイ生地の2つの生地の食感の違いを楽しめる。道内製パン大手の日糧製パン株式会社が販売している。

 このパンのすごいところは、パッケージにも示されているように、「2011カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト」で、なんと金賞を受賞したということである。ご存じない方も多いと思うが、このコンテストとは一体どのようなものなのだろうか。

 このコンテストを主催するのは、アメリカ合衆国カリフォルニア州フレズノ市に本部を置く「カリフォルニア・レーズン協会」という団体。カリフォルニア産レーズンの約3000の生産者と25社の加工業者を代表する非営利の機関で、1949年に設立されて以来、カリフォルニア州食品産業局管轄で、レーズンに関する研究・PR活動などを行っている。日本では1961年以降活動が活発化している。

 コンテストは、プロの製パン技術者を対象に、レーズンの魅力を引き出す新しいレーズンパンの開発と普及を目的に毎年開催され、2011年で20回目を迎えた。歴代の入賞者には、業界をリードする優秀なブーランジェとして活躍する技術者が多く名を連ねることでも知られている。

 2011年大会は「ホールセール・コンビニエンス製品部門(工場でのライン生産、機械包装が可能な製品)」と「インストア・リテール ベーカリー製品部門」、「特別協賛部門(カリフォルニア・レーズンと米国産チーズを使用した製品)」の3部門で、日本からは合計184作品の応募があったという。

 一次審査の後、消費者代表と製パン専門家による実技審査を経て、各部門1名ずつ3名の大賞を含む13名が各賞に選ばれた。今回道内で発売されている「スターライトレーズン」は、日糧製パンの高松英司氏が応募したもの(ホールセール・コンビニエンス製品部門)で、2011年6月の最終審査で見事金賞を受賞したというわけだ。

 日糧製パンの「スターライトレーズン」は、道内のスーパーマーケットで2011年12月1日に発売された。希望小売価格は税抜150円。道内の方は金賞を受賞したパン&パイの味わいを楽しんでいただきたい。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。