クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(札幌">
 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(札幌">今年も「雪ミク」が札幌をジャック!JR・市電・コンビニまで – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

今年も「雪ミク」が札幌をジャック!JR・市電・コンビニまで

編集部
Written by 編集部

 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(札幌市)は、2012年の冬、札幌市を中心に各地に「雪ミク」を登場させている。この冬はさっぽろ雪まつりで雪像として登場した一昨年・昨年以上にその露出度を高めている。(写真は昨年の「さっぽろ雪まつり」大通会場の雪像)

 2010・2011年、「さっぽろ雪まつり」に雪まつり応援キャラクター仕様の初音ミク「雪ミク」が雪像となって登場した。2011年は、雪像・氷像の設置のほか、雪ミクグッズ販売、パネル展示、ProjectDIVAプレイ体験等様々な催し物が行われて全国的にも話題となった。

 2012年も昨年以上にパワーアップし、札幌市内各所に出没することになっている。それは、さっぽろ雪まつり会場にとどまらず、札幌市電、JR北海道、新千歳空港、郵便局、北海道ファミリーマート、ハローキティとまでコラボ。勢力拡大を続けている。

さっぽろ雪まつり雪像・氷像・JR・市電まで

 まずは昨年同様、さっぽろ雪まつり大通会場6丁目に2012年2月6日~12日の期間「雪ミク雪像」が登場するほか、すすきの会場にも同期間中「雪ミク氷像」が登場する。夜間はライトアップされるのも昨年と同じ。

 JR北海道や札幌市電といった交通機関とも連携する。札幌市電では昨年も登場した雪ミクラッピングデザイン特別仕様電車が2011年12月19日~2012年3月30日の間運行される。雪ミク電車の運行ダイヤは札幌市電特設ページに記載されているので参照。

 JR北海道では、「雪ミク☆フリーパス」と「雪ミク☆記念入場券」が2012年2月3日~12日までの期間限定で発売され、期間中2日間有効、13日まで利用できる。フリーパスは新千歳空港駅~小樽駅間がフリー区間となったもので、雪ミクが描かれている。3900円。

 一方、記念入場券はニンテンドー3DS専用ソフト「初音ミク and Future Stars Project mirai」のキャラクターを描いている。こちらはオリジナル台紙付き8種類8枚1セット(札幌駅4枚・新千歳空港駅4枚)で1280円、10000セット限定発売となる。新千歳空港駅で2012年2月6日~9日、サッポロファクトリーホールでも2月11日・12日に販売予定。

 新千歳空港でもイベントが行われる。2012年2月10日~12日の間、2階センタープラザと4階イベントスペースで開催予定。

今年も「雪ミク」が札幌をジャック!JR・市電・コンビニまで

郵便局・ファミマまで

 郵便局ともコラボする。80円切手10枚1シートの雪ミク切手が、合計10000シート発行され、うち9000シートを2012年2月10日から一般販売される。販売されるのは札幌中央局、札幌大通公園前局、札幌大通局、新千歳空港内局の4カ所。その他TOP TOURオフィシャルツアー参加者販売企画ではサッポロファクトリーホールで2月10・11日に、また2月11日の札幌中央郵便局1日郵便局長イベントでそれぞれ限定販売されることになっている。

 コンビニエンスストア・北海道ファミリーマートとのコラボでは、ファミリーマート限定雪ミクグッズ 5種、ファミリーマート先行販売 雪ミクぬいぐるみ&雪ミクぬいぐるみストラップ、及び弁当やおむすびなどコラボ商品 3種が販売される。販売期間は2012年2月6日~12日の期間中、北海道内のファミリーマート51店舗で販売される。

 さらに、さっぽろ雪まつり会場近くの4店舗(札幌北2条店、札幌南5条東店、札幌狸小路6丁目店、すすきの南8条店)では、店舗全体が雪ミク仕様にラッピングされる。また839円以上購入者にイラストレーターが描き下ろした雪ミクポストカード配布が行われる。絵柄は店舗ごとに異なるというこだわりぶりである。この対象期間は2012年2月8日~11日の14:00~20:00まで。

 さらには毎年人気の「ねんどろいど 雪ミク - ふわふわコートVer.」が、2012年2月11・12日にさっぽろファクトリーホールにて4000円で販売される。ハローキティともコラボし、2012年1月25日以降あすなろ舎により「雪ミク×ハローキティ~SNOW MIKU~」の雪ミクキティグッズが販売されている。

 雪ミクファン向けに「ねんどろいど 雪ミク」購入券付&限定グッズ付のオフィシャルツアーが企画される等、非常に盛りだくさんの企画が予定されており、今冬の札幌は、昨年以上に雪ミクにジャックされることになる。

 道外のミクファンからは「道民がうらやましい」「もう道民になろうか」等のコメントが寄せられるほどになっている。雪ミクはともに「さっぽろ雪まつり」を盛り上げてくれること間違いない。雪ミク企画の詳細は公式サイトをご確認いただきたい。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。