北海道のソウルフードの一つ「やき">
 北海道のソウルフードの一つ「やき">和食・洋食どっちなの?やきそば弁当「ナポリタン味」登場! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

和食・洋食どっちなの?やきそば弁当「ナポリタン味」登場!

編集部
Written by 編集部

 北海道のソウルフードの一つ「やきそば弁当」ファン必見!やきそば弁当に新シリーズが誕生しました。それはなんと洋食とコラボレーションした「ナポリタン味」。果たしてどんな味なのか。早速発売直後に編集部で試食しました。

 やきそば弁当といえば、北海道地域で根強い人気を誇る地域限定のカップ入り即席めん。道民は知らない人がいない、もはや定番商品の一つです。通常版の他にも度々様々な味を発売してきました。やきそば弁当についてはこちらもご参照ください

 そんな「マルちゃん やきそば弁当」を製造する東洋水産株式会社(東京都)は、2012年1月23日、新シリーズを誕生させました。発売地域は従来通り北海道地区限定。公式プレスリリースによると、これまで「ありそうでなかった洋食の定番ナポリタンの味を、やきそば弁当シリーズで再現。おなじみのタカアンドトシを起用した新規CMの投入も予定して」いるとのこと。

和食・洋食どっちなの?やきそば弁当「ナポリタン味」登場!

 和食である焼きそばに、洋食のナポリタンを再現させたという斬新なアイデアですが、もはや和食なのか洋食なのか判断に迷いそうなほど。それは実際に食べてみれば分かります。ということで、今回新発売のナポリタン味を食べてみることに。

和食・洋食どっちなの?やきそば弁当「ナポリタン味」登場!

和食・洋食どっちなの?やきそば弁当「ナポリタン味」登場!

和食・洋食どっちなの?やきそば弁当「ナポリタン味」登場!

和食・洋食どっちなの?やきそば弁当「ナポリタン味」登場!

 ナポリタン味の作り方・食べ方は、従来のやきそば弁当と変わりません。袋を破り蓋を開けると、かやく(具材)、液体ソース、コンソメスープの素とふりかけ一体型の合計3つの袋が入っています。湯を入れた後の戻し湯でスープを作れるのも従来通り。

 麺もあまり変わりませんが、ソースの乗りが良いやや細めの丸麺。かやくとなる具材は、キャベツや鶏肉ミンチなどが入っているデフォルトとは異なり、玉ねぎと赤ピーマンとパセリが入って白と赤の色が強いのが特徴です。

 湯を捨てた後で入れる液体ソースは、トマトケチャップをベースに、ウスターソースの旨みと玉ねぎの甘みを利かせたもので、ナポリタン風です。チーズの風味も利いています。ソースはデフォルトの液体ソースと異なりどろっとしています。

 ふりかけは青のりではなく、パセリのふりかけになっています。戻し湯でスープを作ることができるのは従来通りですが、ナポリタンと相性の良いコンソメスープとして別添されています。

 味はナポリタンそのもので、ちょっとピリ辛。麺が細いのでスパゲティのナポリタンを求めて食べると無理がありますが、焼きそばのナポリタン味として食べるならありかもしれません。

 発売後の評判も概ね良く、「美味しかった」「これはありだろう」「シリーズの中でもお気に入りの一品に追加」「スパゲティ味シリーズ化希望」等のコメントがある一方で、「びみょー」「焼きそばなのかスパゲティなのかどっちかにしてほしい」という意見もちらほら。

 やきそば弁当「ナポリタン味」は121g(麺90g)、2012年1月23日以降、道内のコンビニやスーパー等で販売中。あなたも実際に食べて感想をお寄せください。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。