稚内市にこの春、道の駅が誕生します。日本最北であ">
 稚内市にこの春、道の駅が誕生します。日本最北であ">日本最北&国内唯一「道の駅わっかない」が誕生! – 北海道ファンマガジン
トピックス

日本最北&国内唯一「道の駅わっかない」が誕生!


 稚内市にこの春、道の駅が誕生します。日本最北であるだけでなく、国内唯一の要素も併せ持つ特徴的な道の駅になる予定です。JR稚内駅前の再開発も終盤に差し掛かっています。(写真は再開発前の稚内駅。左手が道の駅駐車場の方向)

 2012年3月26日、稚内市が登録申請していた「道の駅わっかない」が登録されました。国内では987駅あり、道内では2011年10月1日に函館市南茅部地区にオープンした「道の駅 縄文ロマン南かやべ」(2011年8月25日登録)に続き道内114番目、宗谷管内4番目の道の駅になります。

 これまでの日本最北の道の駅は、同じ宗谷管内猿払村の「道の駅さるふつ公園」でしたが、1998年4月17日登録以来守ってきた「最北の道の駅」の座は「道の駅わっかない」へ明け渡すことになりました。稚内市宗谷岬や礼文島北端部にできない限り、ここが日本最北の道の駅として落ち着くものと思われます。

 「道の駅わっかない」は国内で初めて、国内で唯一の特異な道の駅としても注目されています。それは、鉄道の駅やバスターミナル及びみなとオアシス「わっかない」と併設された道の駅であるという点です。鉄道駅舎と併設されているものは道内にも知内駅など2例がありますが、バスターミナルも加わった道の駅は道内唯一、さらにみなとオアシスも揃った道の駅は国内では例がありません。

 立地場所は、2011年4月3日に駅舎が一部リニューアル開業した日本最北の駅・稚内駅に併設される形となります。駐車場エリアは従来、稚内駅北東部にあった広大な駐車場を活用。2012年4月29日に全面開業する「稚内駅再開発ビル(キタカラ)」と共に日本最北の街・稚内市の日本最北の街の交通の中心地になるというわけです。

 オープン予定日は2012年5月3日。すでに看板の取りつけも進められています。道の駅わっかない駐車場そばに完成するJR稚内駅前広場には、稚内駅1番線が駅舎を貫きさらに北に延びるかのようなイメージで、車止めや分岐するレールのモニュメントも整備されています。日本最北の駅を訪れる鉄道ファンは必ず見ておきたい場所の一つとなることでしょう。

 道の駅には情報・案内施設と24時間トイレ、交流広場を備え、小型車90台・大型車11台収容可能。徒歩圏内にハートランドフェリーターミナル、稚内港北防波堤ドーム、稚泊航路記念碑といった観光スポットもあり、この春は「道の駅わっかない」を拠点に稚内観光を楽しめそうです。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。