食の宝庫・北海道の美味しい食材を使った料理を">
食の宝庫・北海道の美味しい食材を使った料理を">長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

編集部
Written by 編集部

食の宝庫・北海道の美味しい食材を使った料理を、北海道に来ずして首都圏でも味わえる、そんな北海道ご当地グルメ店が東京都内に続々オープンしています。2011年にオープンした別海町のお店が先駆けとなり、2012年4月には長万部町・留萌市のお店も誕生しました。

株式会社サッポロライオン(東京都)は、2009年に北海道庁と道産食品・食材を通じて首都圏でのPR等を目的とした「連携と協力に関する覚書」を締結。首都圏店舗に道産食材を使用したメニューを導入したのに続き、北海道ご当地飲食店シリーズを展開。2011年5月16日に別海町公認飲食店1号店「海鮮居酒屋 おおーい北海道 別海町酒場 神田東口店」をオープン。2012年4月17日には長万部町公認「海鮮居酒屋おおーい北海道 長万部酒場 銀座店」、同19日には留萌市公認「シーフードダイニング 留萌マルシェ 秋葉原駅前店」が続けてオープンしました。

別海町酒場では、生乳生産量全国一位を誇る別海町の牛乳を使ったミニラーメン、バターコーン、ハーフ和牛のほか、大ぶりなホタテ、ホッキ、アサリ、江戸幕府に献上された「西別鮭」等の海産物を使った料理を提供してきました。2012年4月に相次いでオープンした2店舗も、留萌、長万部それぞれ地元の特産品をふんだんに使った飲食店となっています。

シーフードダイニング 留萌マルシェ

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

留萌産小麦のオリジナル生パスタ「ルルロッソ」を使ったスパゲティ、留萌産ニシンを使った数の子とニシン親子マリネ、増毛産甘海老のアヒージョ、増毛産たこ飯やタコザンギ―。こうしたワインやビールに合うシーフードメニュー等を提供する「シーフードダイニング 留萌マルシェ」がオープンしました。

提供する料理は、日本海岸に位置する留萌らしく海の幸中心。ニシン、数の子、甘海老、ホタテ、タコに加え、留萌産米ななつぼし、留萌産小麦のパスタ・ルルロッソの7つを使い、お酒には日本最北の蔵元「国稀酒造」を用意しています。

留萌市公認飲食店「留萌マルシェ」が立地するのは、東京・秋葉原駅前プラザビル。留萌と言えば、ニシンや数の子が有名ですが、夕陽やロマンティックスポットも多い地域。この雰囲気を味わいながら食事できるよう、ステンドグラスやシャンデリアを店内にあしらい、ラグジュアリーな店内に。また、四季を通じて様々な留萌産食材を楽しめるマルシェ、つまり市場のようなお店を目指すとのことで、店内は市場のような雰囲気を創り出しています。店内に留萌のポスターも掲示し、留萌のアンテナショップとしての役割も担います。

「シーフードダイニング 留萌マルシェ 秋葉原駅前店」
住所:東京都千代田区外神田1-18-18 秋葉原駅前プラザビル5F
営業時間:11:30~14:30、17:00~23:00(金・祝日前日は13:30)
TEL:03-3526-5275
85.8坪・119席、平均予算:昼900円、夜3500円

海鮮居酒屋おおーい北海道 長万部酒場

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

長万部・留萌の味を東京で!ご当地グルメ店が続々登場

人気キャラクター「まんべくん」で全国に名が知れ渡った長万部町。その公認飲食店「長万部酒場」が東京・銀座三丁目にオープンしました。留萌店同様、長万部差の食材を使った料理や長万部名物を味わうことができるほか、アンテナショップとして長万部をPRします。

長万部居酒屋では、長万部漁業協同組合や畑作生産組合、各企業の協力のもと、長万部産の毛がに、ホタテ貝、ホッキ貝といった海産物や野菜を使った料理をはじめ、大虎(タイガー)飯店のしゅうまいや「サン・ミート木村」のホルモン料理も提供、長万部を感じられるお店となっています。あの「かにめし」、ホタテやホッキの刺身、浜ゆで毛ガニは長万部酒場ならでは。

その他、観光ポスターや特産品の紹介を掲示し、町で使われていた漁具等を装飾、人気キャラクター「まんべくん」をあしらった長万部酒場オリジナルTシャツを店頭にて販売しています。

「海鮮居酒屋おおーい北海道 長万部酒場 銀座店」
住所:東京都中央区銀座3-7-12王子不動産銀座ビルB1F
営業時間:月~金11:30~14:00、17:00~23:00、土11:30~23:00(日・祝は22:00)
TEL:03-5524-5311
34.67坪・68席、平均予算:昼930円、夜3500円

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。