【札幌市】 2012年6月4日、札">
【札幌市】 2012年6月4日、札">ラッピングタクシー「痛タク」札幌でデビュー! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

ラッピングタクシー「痛タク」札幌でデビュー!

編集部
Written by 編集部

【札幌市】 2012年6月4日、札幌市内に、キャラクターをフルラッピングしたタクシー「痛タク」が登場しました。(画像は札幌痛タク実行委員会ツイートより)

キャラクターを車両全体にあしらったのが「痛車」、それがタクシーなら「痛タク」―。札幌痛タク実行委員会が、札幌市北区に本社を置く長栄交通株式会社の車両を使い、二次元キャラクターを全面ラッピングしました。車体側面・ボンネット・トランク上・屋根に至るまで車両全体にキャラクターが描かれています。タクシーの中の映像画面では「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ」の映像も流れるようになっています。

2012年6月の痛タク誕生にあたりネット上でも反響を呼んでいます。「思い切ったなぁ」という驚きの反応、「カワイイ」「ちょ、乗る!」「なにこれ乗りたい!」「勇気要るかもだけど乗ってみたい!」といった好意的な反応や「札幌、どこへ行く」という声も。

さて、この痛タク企画がスタートしたのは2012年3月末のこと。2012年6月23・24日に洞爺湖畔で開催される「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ2012」のキャラクターである深翠うり氏作の「花代美湖(はなしろみこ)」と「女神さま」を採用することに決定。許可を得た上で、4月にこれを原作として二次創作しました。デザイン原案や彩色は、イラストレーター・じぇり氏、文屋呂瓶氏が担当しています。このあたりの制作記録はドラクエ企画のページ参照。

完成直後の痛タク
ラッピングタクシー「痛タク」札幌でデビュー!

そのようなわけで、2012年6月2日に痛タク完成、6月4日夕方から札幌市内で長栄交通の「痛タク」が一台営業しています。痛タク自体全国的にも珍しいですので、興味ある方やジロジロ見られたい方は見かけたら利用してみては?最新情報等ツイッターアカウントはこちら。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。