"> ">胸スポンサー一致度で「白い恋人」の「コンサドーレ札幌」が1位に! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

胸スポンサー一致度で「白い恋人」の「コンサドーレ札幌」が1位に!

【札幌市】 札幌市に本拠地を置くサッカーJ1のコンサドーレ札幌。2012シーズンは残念ながら最下位でJ2への降格が早々と決定してしまった。サポーターの中にはJ1定着が叶わずガッカリしている人も少なくないかもしれない。ところで、コンサドーレ札幌は、J1チームの中でここだけは他チームには負けないと言える特長を持っていることをご存じだろうか。

今回、産業能率大学スポーツマネジメント研究所(神奈川県)が実施した「Jリーグ各チームのサポーターに関する調査結果」から、それを読み解くことができた。調査は2012年5月に3万人を対象に予備調査を実施し、その中から会場に行って生観戦することがあると答えた20代から60代の全国1632人を対象に8月下旬に実施した。回答は1000人から得、11月8日に結果を発表した。

胸スポンサー一致度ではJ1で1位!

調査は、ユニフォームのスポンサー表示の認知度にも注目させている。チーム名を伏せた上で、表示名とチーム名が一致するかどうかを問うものであるが、それによると、胸スポンサーはJ1チームで最も一致するとの結果が出た。コンサドーレ札幌の胸スポンサーは「白い恋人」(石屋製菓)だが、スポンサー名とチーム名が一致すると回答したのは73.8%となり、表示名だけ知っている人は16.5%、知らない人は9.7%にとどまった。NISSANやTOYOTA、楽天といったお馴染みのスポンサー名がひしめく中でその知名度を発揮し、堂々の1位を獲得している。

1位 白い恋人(札幌) 73.8%
2位 NISSAN(横浜FM) 72.3%
3位 TOYOTA(名古屋) 71.2%
4位 楽天(神戸) 70.1%
5位 Panasonic(G大阪) 69.7%

さらに、背中スポンサー(SAPPORO)の一致度でも、浦和、広島に続いて3位(40.5%)となり、いずれも4割を超えている。袖スポンサー(JA北海道)の一致度においても、横浜FMに続いて2位(23.9%)、パンツスポンサー(JAPAN AIRLINES)については6位(14.7%)だった。

応援順位では4位に!理由は「地元だから」「弱いから」

J1・J2含め40チームの中で応援しているチーム比率調査では、コンサドーレ札幌は、浦和、横浜FM、名古屋に続き4位となり、全体の6.1%の人が応援していると回答している。

1位 浦和レッズ 10.9%
2位 横浜F・マリノス 6.8%
3位 名古屋グランパス 6.6%
4位 コンサドーレ札幌 6.1%
5位 ガンバ大阪 6.0%

コンサドーレ札幌を応援する理由からは、(1)地元のチームだから(80.3%)、(2)出身地のチームだから(34.4%)、(3)地域貢献しているから(19.7%)、といった、地元ゆえに応援している人が多いことが分かる。続く理由は、(4)弱いチームだから(19.7%)、(5)好きな選手がいるから(18.0%)だった。(4)については他チームには見いだせない独自色が強い回答結果と言えるだろう。

その他の応援理由としては、(5)マスコットキャラ(ドーレくん)が好きだから(16.4%)という人や、(6)チアリーディング(コンサドールズ)が好きだから(14.8%)という人、(6)スタジアム(札幌ドーム)が近いから(14.8%)という人の割合も高く、これらの数字も他のチームよりも高い方だった。

各チームのサポーターの居住地調査では、当然ながら北海道民が多いわけであるが、その割合は75.4%だった。つまり4分の1は道外にサポーターがいるということが判明したのだ。特に千葉県(6.6%)、東京都(4.9%)、神奈川県(3.3%)、大阪府(4.9%)に多い傾向があった。コンサドーレ札幌は今後も地元北海道民に愛されるチームであり続けるだろう。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。