"> ">ゆるキャラグランプリ2012で道内勢最高14位! 「とまチョップ」とは? – 北海道ファンマガジン
トピックス

ゆるキャラグランプリ2012で道内勢最高14位! 「とまチョップ」とは?

編集部
Written by 編集部

【苫小牧市】全国各地の「ゆるキャラ(R)」と呼ばれるご当地キャラクターの人気No1を決める「ゆるキャラサミット~ゆるキャラグランプリ2012」結果発表が2012年11月25日に埼玉県で開催され、道内勢は苫小牧市の「とまチョップ」が最高14位と健闘した。

全国から参加したキャラクターは865で、2012年11月16日までの総投票数は6,590,177票だった。優勝は愛媛県のバリィさんが獲得した。北海道からは35のキャラクターが参加し、苫小牧市から参加の「とまチョップ」が103,936ポイントを獲得し最高の14位に入った。

以下、札幌市を拠点に活動する「コアックマ・アックマ」が22位、北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」が85位、旭川市の「あさっぴー」が88位と、100位以内に4キャラクター(コアックマとアックマは一緒にエントリー)がランクインした。10万票を超えたのは、道内ではとまチョップのみだった。北海道内の参加キャラクターと順位は以下の通り。農業高校生が作ったキャラクターや今年新しく誕生したキャラクターも参加している。

北海道から参加のキャラクターと結果(民間・自治体非公認含む)
014位 とまチョップ(苫小牧市)
022位 コアックマ・アックマ
085位 キュンちゃん
088位 あさっぴー(旭川市)
116位 かっぽん(札幌市)
187位 おたる運がっぱ(小樽市)
191位 するめ~(福島町)
247位 KAZUMOちゃん(留萌市)
290位 キーコ(木古内町)
291位 メロン熊(夕張市)
300位 GO太くん(函館市)
354位 ぐらんでぃ(鹿追町)
394位 テレビ父さん(札幌市)
410位 なかのんちゃん(中標津町)
438位 おらいも君(厚沢部町)
453位 きびっち(札幌市)
483位 りんりん(函館市)
489位 ほろんちゃん(上士幌町)
496位 ハサップくん
506位 たら丸(岩内町)
523位 うにまる(奥尻町)
554位 えべチュン(江別市)
582位 ウラハ・ホロマ(浦幌町)
623位 トマ☆P(富良野市)
626位 バルーンくん(上士幌町)
628位 つくつくオホーツクん
664位 えびすくん(恵庭市)
681位 ゆり姉さん(真狩村)
699位 サイロウシ
733位 知床らうす鮮隊ラウフィッシャー(羅臼町)
761位 さけ太郎・さけ子(石狩市)
798位 ピコロ(滝上町)
800位 えさっしー(枝幸町)
839位 チューピット・リップちゃん(湧別町)
845位 クロン
なお、過去3回開催のゆるキャラグランプリにおいて、道内勢は一度もトップ10入りしていない。今回は苫小牧市のとまチョップが投票開始以降得票数が多かったためトップ10入りが期待されたが、惜しくも14位だった。

大健闘!苫小牧市の「とまチョップ」とは

ゆるキャラグランプリ2012で道内勢最高14位! 「とまチョップ」とは? とまチョップは、苫小牧の「とま」、ハクチョウの「チョ」、ハナショウブの「ョ」、名産品ホッキの「ッ」、ハスカップの「ップ」を組み合わせたネーミング。チョップを特技とし、合言葉も「チョップ」である。ウトナイ湖近くで生まれた設定で、見た目はハクチョウをモチーフにしている。しっぽにはハナショウブが可愛らしくついていて、頸飾りに紫のハスカップ、黒いホッキの帽子をかぶっている。

とまチョップは、苫小牧で盛んなスポーツであるスケートが趣味で、苫小牧新名物の一つである「ホッキライスバーガー」をこよなく愛する。将来の夢は苫小牧市長になることだが、いつ実現するかは不明である。

ゆるキャラグランプリ2012で道内勢最高14位! 「とまチョップ」とは? とまチョップは、苫小牧市内の子供たちによるアイデア・命名、まちなか再生総合プロジェクトによるデザイン化で誕生した苫小牧市公式キャラクターで、現在は苫小牧市総合政策部まちづくり推進室まちなか再生主幹が担当する。とまチョップは、市の広報紙「広報とまこまい」2011年10月号で漫画化されて公式デビューを飾った。その後12月のアイスホッケーの試合で着ぐるみがデビュー。市民らから人気を集め、現在市内観光施設などで携帯ストラップ・クリアファイルといった関連グッズも販売されている。(※画像は苫小牧市提供)

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。