"> ">日本一寒い街・陸別町民にユニクロがヒートテック3000着を無償提供 – 北海道ファンマガジン
トピックス

日本一寒い街・陸別町民にユニクロがヒートテック3000着を無償提供

編集部
Written by 編集部

【陸別町】株式会社ユニクロは、2012年12月20日、ヒートテック「10万人応援プロジェクト」の一環として、日本一寒い町として知られる陸別町へヒートテックを無償提供した。贈られたヒートテックの枚数は、町民の数に応じて、約3000着。これに合わせて、当日は、陸別町役場にてヒートテック贈呈式が執り行われた。

ユニクロのヒートテックは2012年で10周年を迎えた。累計販売枚数が3億枚を突破した人気商品で、とりわけ寒い地域では日常必需品となりつつあり利用者が多い。2011年に「10万人応援プロジェクト」を発足し、日本の冬の寒さの中で頑張る人たちへ合計10万着のヒートテックを届け、頑張る原動力にしてほしいと、ヒートテックを届けている。

陸別町は日本一寒い町として知られる。今回は町のほうから「ヒートテックを原動力にして町の魅力をより一層多くの方に知っていただきたい」と参加表明があり、実現した。「厳冬下での節電で大変な北海道にぜひ送ってほしい」という声が多く寄せられていたことも後押しになったという。

日本一寒い街・陸別町民にユニクロがヒートテック3000着を無償提供 20日の贈呈式では、ユニクロの本プロジェクト責任者が町民全員分のヒートテックを持参し「ヒートテックを着て、日本一寒い町の魅力を伝えていってください」とコメントし、金澤紘一町長へヒートテックを贈呈。町長も「今年一番寒い日に一番寒い町にヒートテックを届けていただき、町民も喜んでいます」とコメント、感謝の気持ちを伝えた。早速当日町民へヒートテックが渡されたが、町民からは「ヒートテックは着たことがなかったので、これから着るのが楽しみ」との声が上がっていた。

なお、当日は町独自観測で氷点下33.3度、アメダスの記録で氷点下26.0度、気象庁最低気温ランキングで全国1位になった日でもあり、ヒートテック贈呈気にふさわしい日となった。町のキャラクターしばれ君も出席し寒い街であることをPRした。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。