"> ">冬に行きたい旅先1位は北海道! 温泉、雪まつり、流氷が人気 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

冬に行きたい旅先1位は北海道! 温泉、雪まつり、流氷が人気

JTB(東京都)は、2012年11月29日に「冬に行きたい旅先」に関するアンケート調査結果を発表した。それによると、北海道が国内一位に輝き、二位を大きく引き離した。北海道を選んだ理由としては、温泉、雪まつり、流氷が上位にランクインした。

「冬に行きたい旅先」調査は、2012年11月1日~8日にかけて、WEBサイト「JTB旅のアンケート」上で実施したアンケート。男性1,431人、女性2,334人、その他63人、合計3,828人より回答を得て、JTBが調査結果をまとめた。年齢層は、40代が最も多く1,298人、50代が1,118人、60代587人、30代558人と続いた。

調査結果によると、冬に行きたい旅行先としては、「寒い冬の良さを楽しめるところ」が46.5%、「寒い冬を避けた暖かいところ」が35.3%であった。また、寒い冬を楽しむ場所は国内旅行の傾向が強かった。また、その中でも、北海道が断トツで得票を得ており、冬の北海道に行きたい人が多いことが裏付けられた。二位は長野の66ポイントだったが、北海道は598ポイントだった。

では、北海道の何が魅力なのだろうか。最も多かったのは、雪まつりで、104ポイントを獲得した。続いて流氷の97ポイント、ウィンタースポーツ86ポイント、温泉や露天風呂69ポイント、食べ物の50ポイントと続いた。北海道でしか体験できないことが上位に並んだことがわかる。

北海道と回答した理由
1位 雪まつり 104
2位 流氷 97
3位 ウィンタースポーツ 86
4位 温泉、露天風呂 69
5位 食べ物 50
6位 景色 25
7位 雪 20
8位 イルミネーション 14
9位 寒さ 11
10位 夜景 5

冬の旅行で印象に残っていることとして、「稚内はさすが日本最北端、刺激的な寒さに感動しました(40代・男性)」、「北海道で朝一スノーボードをしたとき、ふかふかの雪を始めて体感し感動しました(20代・女性)」といった感動のエピソードを語る人がいる一方、「冬に北海道に行ったが、帰りの飛行機が大雪で全便飛ばず、その日に帰れなかった(50代・男性)」といった冬ならではの苦労エピソードも見られた。

また、JTBは「一人旅」に関する調査結果も2013年1月28日に発表した。2012年10月4日~11日にアンケートを実施し、全国の3,934人から回答を得た。そのアンケートの中で、一人旅をしてみたい具体的な場所として、北海道が2位京都の2倍以上の票を獲得し1位となっている。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。