"> ">「行け!シホロンファイブ」―子供から大人まで楽しめる公式ソング誕生 – 北海道ファンマガジン
トピックス

「行け!シホロンファイブ」―子供から大人まで楽しめる公式ソング誕生

【士幌町】 士幌発のキャラクター・しほろっち戦隊シホロンファイブの公式ソングがこのほど完成し、2013年2月10日にインターネット上の公式サイトでお披露目された。曲名は「行け!シホロンファイブ」。しほろっち戦隊ジャガイモンの活動に賛同する作詞家・作曲家・歌手が協力し、一年がかりで完成させた。


「しほろっち戦隊シホロンファイブ」はジャガイモンプロジェクトが運営する、士幌町商工会青年部公認のゆるキャラ集団。松坂大輔投手、上原浩治投手、音楽プロデューサーのm.c.A・Tさん、スピードスケートの大菅小百合さんらから公認を受けているジャガイモンを筆頭に、にんじんのキャロリーナ、たまねぎのタマネギン、トマトのトマーニョ、アスパラのアスパランの5キャラクターで構成される。

今回新たに誕生した約4分の公式ソング「行け!シホロンファイブ」の中では、各キャラクターの性格・特徴と、野菜の豊かさをアピール。自由な感じと北海道の広大さを重ねイメージした歌で、子供から大人まで楽しめるよう口ずさみやすいポップ調の曲に仕上がっている。


歌詞は公式ページを参照

シホロンファイブの公式ソングを作るプロジェクトは、ツイッター上で作詞家のエンドケイプさんとジャガイモンが公式ソングを作ろうと会話したことをきっかけに始まった。予算がない中、矢神亜希丸さんが作曲者として名乗り出、作曲、それにエンドケイプさんが詞をつけた。歌は東京で活動する北海道出身の歌手・五ノ井ひかりさんが担当、お湯たまさんが編曲とミキシング作業を手掛けた。皆、今回の公式ソング制作企画に賛同し、多忙の中ボランティアで協力してくれたという。

同プロジェクトの代表である川崎康さんは、『曲が独り歩きするくらいに、スピードはゆっくりでも多くの方に広まっていってくれれば……』と話す。また、歌を担当した五ノ井さんも『この歌を聞けば士幌町のことが一目瞭然。士幌を愛してやまない地元の方はもちろん、士幌町をよく知らないという全国の方々に聞いてもらって、士幌町に興味を持ってもらえたら嬉しい』と話している。

今後は、町内の子供達に喜んでもらえるよう、町内のイベントなどでも積極的に曲を使用していきたい考えで、将来的には町内店舗やホームページ上でのCD販売も検討している。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。