"> ">大雪像は今年も登って遊べるトランスフォーマー!! 第54回旭川冬まつり開幕 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

大雪像は今年も登って遊べるトランスフォーマー!! 第54回旭川冬まつり開幕

編集部
Written by 編集部

【旭川市】毎年2月上旬に開催されている旭川市の冬の一大イベント「第54回旭川冬まつり」が2013年2月6日に開幕した。毎年注目である世界最大規模の大雪像は、昨年に引き続きトランスフォーマー。株式会社タカラトミー(東京都)協力のもと旭川冬まつり実行委員会が製作を進めてきた。

大雪像のサイズは高さ約20m、幅約130m、奥行約40m。骨組みを一切使わない雪像として世界最大規模を誇る。デザイン・設計は、陸上自衛隊第2師団第2特科連隊本部中隊・高橋昭氏、監修は株式会社タカラトミーが担当。実際の製作は2013年1月4日から陸上自衛隊第2師団の隊員から成る「製作協力隊」が担当、1日当たり約250名で、約1ヶ月をかけて完成したという。雪像には約70,000立米の道路の排雪(11tトラックで約6,000台分)が使用されており、周りに真っ白な雪のブロックをはりつけている。

大雪像は今年も登って遊べるトランスフォーマー!! 第54回旭川冬まつり開幕 大雪像は今年も登って遊べるトランスフォーマー!! 第54回旭川冬まつり開幕 大雪像は今年も登って遊べるトランスフォーマー!! 第54回旭川冬まつり開幕

今年の大雪像は、アニメ「超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム」の主人公「オプティマスプライム」が、リーダーの証「マトリクス」を構えている姿をデザイン。正面下部には、同アニメの主要キャラクター4人、バンブルビー、バルクヘッド、ラチェット、アーシーの姿を彫りこんだ。

高さ約10mには展望テラスを設置し、今年はさらにその上の高さ14mの顔付近の場所にまで登れるスロープを設置している。また、昨年も人気だったすべり台「ぶんぶんスライダー」は、全長100mと曲線70mの2種類を設置し、子供から大人まで楽しめるアトラクションとした。

大雪像は今年も登って遊べるトランスフォーマー!! 第54回旭川冬まつり開幕 またタカラトミーは、「旭川冬まつり」とのコラボレーションとして、旭川市のシンボルキャラクター「あさっぴー」とタカラトミーの着せ替え人形「リカちゃん」をモチーフにした「リカちゃんマスコット」がコラボレーションした「あさっぴーリカちゃんストラップ」を製作した。入手するには「第54回旭川冬まつり個人応援サポーター」への申込が必要。旭川冬まつりは2013年2月6日~11日まで。入場無料。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。