"> ">礼文島スコトン岬の土産販売店「礼文島本店」が全面改装オープン – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

礼文島スコトン岬の土産販売店「礼文島本店」が全面改装オープン

編集部
Written by 編集部

【礼文町】株式会社レブニーズ(札幌市)は、2013年5月10日、礼文島・スコトン岬の土産販売店「礼文島本店」に産直レストランとオープンカフェテラスを新設し、全面改装オープンする。リニューアルに伴いさらにスコトン岬を楽しめるようになる。

同社は、北海道礼文島を中心に上質な海産物の直営店・ネット販売・百貨店催事等プロモーション活動を取り行ない、「島の人」ブランドを展開している。発祥の地は日本最北の離島である礼文島(礼文町)最北のスコトン岬で、同地にて約40年間、土産販売店を営業してきた。

礼文島スコトン岬の土産販売店「礼文島本店」が全面改装オープン (写真は旧店舗)
全面改装に伴い、ここでしか味わえない究極のウニ「島うに」をはじめとした礼文島ならではの新鮮な海産物をその場で楽しめる「レストラン島の人」(総座席数40席)を併設施設として開業する。大きさも味も絶品の「日本一のウニおにぎり」、獲れたての島うにを贅沢に乗せた「こぼれ島うに寿司」など、島うに料理を存分に楽しむことができるようになる。

また、映画「北のカナリア」のロケ地ともなった人気観光スポット「スコトン岬」が一望できるオープンカフェテラスを設置する。礼文島最北限到達証明書など土産品を販売する物販スペースは、上部吹き抜けのゆったりとしたスペースに。これにより、既存施設「アザラシの見える宿 スコトン岬」と合わせ、物販・飲食・宿泊が複合的に揃うこととなる。営業時間は7:00~18:00(3月下旬~10月下旬)。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。