"> ">上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
旅する

上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン

編集部
Written by 編集部

【上川町】 大雪山を望む大雪高原旭ヶ丘に、2013年7月7日10:00「大雪 森のガーデン」が開園した。2013年9月30日までは「森の花園」エリアのみ無料で先行公開、2014年にグランドオープンする。オープン日には2000名以上が訪れたといい、早くも人気スポットとなっている。

「大雪 森のガーデン」は、ガーデン入口から順に「森の花園」エリア、「森の迎賓館」エリアで構成される。自然の森の中にガーデンを造成するのは国内では珍しく、その困難もあって約4年かけて誕生することとなった。デザインは「風のガーデン」(富良野市)や「上野ファーム」(旭川市)、「そらのガーデン」(札幌市)に携わった上野砂由紀さん。

上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン

上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 2013年にオープンした「森の花園」エリアは、高野ランドスケーププランニング株式会社とタッグを組み造成した。同エリアは5つのテーマガーデンで構成される。「大雪な森」は大雪山周辺に見られる植物を中心に植栽、「四季のすみか」は春・夏・秋の美しさを楽しめる庭、「花の泉」は地面から泉が湧く様子表現した庭で、アーチ状の花の門が目印、「親しみの庭」は色・形・香り・感触など個性の強い植物を集結、「カムイミンタラ」は神々の遊ぶ庭をイメージし北国に適した植物を植栽した。木々に囲まれているせいか夏でも涼しく感じられ、芝生の上に配置したチェアに座りひとときを過ごす人も多い。


上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン

2014年春に公開される「森の迎賓館」エリアは、「四季彩の森」「レラ・モシリ」「木もれびの森」「遊びの森」「森の絨毯」「森のリビング」「森のダイニングキッチン」「森の広場」「潤いの森」「五感の森」「森の博物館」「瞑想の森」「癒しの谷」の13のテーマで構成され、「森の花園」エリアと遊歩道で直結する。

2014年春のオープンに向け、「ガーデンセンターハウス」「ウェルカムガーデン」「ガーデン駐車場」が整備中。「ベレル」を改装した「森のガーデンカフェ」(10:00~17:00、無休)は既にオープンしており、ソフトクリーム、もちもち味豚カレー、放牧豚のホットドッグ、ソフトドリンクなどを販売している。また、高台に隣接する「ガーデンレストラン&ヴィラ・フラテッロ・ディ・ミクニ」(11:00~14:30、18:00~20:00、不定休)も既にオープン、イタリア料理などを提供する。

▼隣接するレストランとカフェ
上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン 上野砂由紀さんがデザインした森の花園「大雪 森のガーデン」オープン

「大雪 森のガーデン」の森の花園エリアの草木は、2012年秋に植栽したばかりで成長中。2014年フルオープン時には訪れる人たちの目を楽しませてくれるに違いない。旭川から富良野を経て十勝までのガーデン街道が注目を浴びる中、「大雪 森のガーデン」は新たな観光スポットとして要チェックだ。

大雪 森のガーデン
2013年7月7日~9月30日、無休、9:00~17:00
上川郡上川町菊水旭ヶ丘(アンガス高原牧場近く)
問い合わせ:上川町旭ヶ丘推進室 01658-2-4058
公式サイト


大きな地図で見る

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。