"> ">市街地を通らないで空港へアクセス!「新千歳空港IC」が開通へ – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

市街地を通らないで空港へアクセス!「新千歳空港IC」が開通へ

【千歳市】 道央自動車道・新千歳空港ICが2013年8月3日(土)15:00に開通する。新千歳空港の最寄りICが誕生することで千歳市街地を通過しなくてよくなるため、空港へのアクセスにおいて時間短縮となる。

新ICは、道央自動車道・苫小牧東IC~千歳IC間の千歳市平和に建設された。苫小牧東ICから7.9km地点、千歳ICから4.0km地点に位置する。出入口ともに一般口とETC専用それぞれ1ブースずつ設けられる。IC番号は5-1。

同ICは北海道とネクスコ東日本北海道支社が、2009年6月30日に地域活性化インターチェンジ制度により国土交通省から許可を得て、共同で事業を進めてきた。企業立地をはじめとした地域経済の浮揚、雇用創出、周辺道路の渋滞緩和を図り、地域の活性化に寄与することを目的とし整備されたということである。本格的な工事は2011年1月に始まった。

新ICと同時に供用開始となる道道1175号線(新千歳空港インター線)で、既にあった道道1091号線(泉沢新千歳空港線)に接続する。新千歳空港へはこれらの道道と、道道130号線(新千歳空港線)を使い、約7km、約10分で空港南側とを結ぶ。従来の空港最寄りICは千歳ICだったが、通学路指定で信号機が10か所あり、朝や冬季に渋滞が発生することが多く、大型車が多いことから死傷事故率も高くなっていた。新IC誕生で千歳市街地を通らずに空港へアクセスでき、さらに信号機も1か所のみで、安全性向上や交通の分散による渋滞の緩和につながると期待される。

また、新IC開通に伴い、北海道とネクスコ東日本北海道支社は、千歳市、北海道高速道路建設促進期成会と連携し、新千歳空港ターミナルビル施設の割引や特典を受けられるキャンペーンを行う。ドラえもんわくわくスカイパークやシュタイフネイチャーワールドの入場料金10%割引、空港温泉万葉の湯では大人入館料を200円引き、じゃがポックルシアターではソフトドリンクSサイズ1杯サービスを実施する。キャンペーンリーフレット提示が必要で、期間は年内いっぱい。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。