"> ">浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催

編集部
Written by 編集部

【浦河町】 日高管内浦河町といえば、どんな風景を思い浮かべるだろうか。町内随一の観光地・うらかわ優駿ビレッジAERU(アエル)に代表されるように、馬と牧場の風景が広がっているイメージが強い。しかし、浦河町にはまだあまり知られていないものの、まだまだ素敵なビュースポットが眠っている。

そんな知られざる浦河町内の景観スポットに焦点を当ててスタンプハウスを設置、町全体でスタンプラリーを楽しもうという新たなプロジェクトが始まっているのをご存じだろうか。町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」である。2013年9月7日(土)~23日(月)までの17日間、初めて開催され、町民だけでなく観光客も楽しめるとのこと。

「うらたび2013」とはどんなスタンプラリーなのだろうか。仕掛け人の姉帯美保子(あねたいみほこ)さんに話を聞いた。

「うらたび」のはじまり

姉帯さんは浦河町出身で札幌市在住。高校まで浦河町で過ごしたことから、故郷・浦河町への想いは強い。浦河の風景や人の良さを再発見していきたいという思いから、「うらかわスタンプハウスのある風景プロジェクト」を提唱。2011年春に浦河町長宛に企画を送り、翌年春に町役場担当者三名と共に具体的な検討に入ったという。

そのプロジェクトとは、浦河町内の景観の素晴らしい場所に、図柄の異なるスタンプを入れたスタンプハウスを設置し、スタンプラリー参加者が回ってスタンプを押していき、オリジナルの絵ハガキを作ってもらうというものだ。

スタンプもスタンプハウスも全部町民手作り!

浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催 こうして始まった同プロジェクトには、姉帯さんのアイデアに共感した浦河町民が、企画から製作まで得意分野で積極的に参加する。コアメンバーは約20名。町内の業者や、30名ほどの町民も協力する。スタンプラリーで使う絵ハガキ、消しゴムはんこ(スタンプ)、スタンプを入れるスタンプハウスはすべて、町民の手で製作されてきた。

例えば、同プロジェクトの象徴ともいえるミニチュア厩舎風スタンプハウスは、2013年4月~7月にかけて開催された3度のワークショップ(製作会)で製作。参加者は、町内の吉田建具が加工した木材を組み立て、ペンキ塗りや防水措置を施し、実際に使用された馬蹄を扉に取り付けた。

こうして製作されたかわいらしいスタンプハウスは、スタンプラリーの目印としてだけでなく、浦河の風景にアクセントを添えるという。

町民お気に入りの風景から厳選した7か所とは?

浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催 スタンプハウスの設置場所については、浦河町民からお気に入りの風景を募集。集まった30~40か所の中から、スタンプハウスの似合う場所や浦河町民も知らない場所を基準に厳選、2013年度は7か所設置することになった(写真)。中に入っているスタンプの図柄も、浦河らしいものを選定した。

スタンプハウス設置場所は例えば以下のような場所である。このほか、牧草地を一望する「オロマップ展望台」や、馬と近づけるかもしれない「わらしべ乗馬療育研修センター」にも設置される(写真:同プロジェクト提供)。どれも浦河らしい美しい風景ばかりだ。

JR絵笛駅:線路脇に設置。滅多に来ない汽車と一緒に撮影できたらラッキー!?
浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催

元浦川河口:目の前に太平洋が広がる!
浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催

元浦川頭首工ダム:秋の時期はサケの遡上が見られるかも!?
浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催

常磐公園:古風な東屋と一緒に撮影可能!
浦河の穴場を巡ろう! 町民手作りのスタンプラリー「うらたび2013」開催

2013年は試験的実施、2014年以降本格実施

2013年の「うらたび2013」は試験的実施。今回の反応を踏まえて、2014年春、実施期間を延ばし設置場所も増やして本格的にスタートしたい考え。冬季はスタンプハウスを撤去し企画検討に専念する。

姉帯さんは『浦河にはゆっくりじっくり過ごせる意外な場所があるので、この企画を通じて魅力再発見につながれば嬉しい』と話す。これまでスポットが当てられてこなかった素敵な景勝地を探しに、この秋は是非とも浦河を訪れていただきたい。

なお、同プロジェクトでは浦河町民の参加を随時募集している。簡単なことでも、出来ることをしたいと思う方は、同プロジェクトウェブサイトより問い合わせを。

うらたび2013―浦河の7つの風景をめぐる旅―実施概要
実施期間:2013年9月7日(土)~23日(月)の17日間
設置場所:ぱんぱかぱん・JR絵笛駅・元浦川頭首工ダム・元浦川河口・常磐公園・わらしべ乗馬療育研修センター・オロマップ展望台(詳細マップ)
料金:200円(スタンプを押す絵ハガキと詳細マップ)

うらたび2013参加の流れ
(1)1つ目のスタンプハウス(無人販売所)を訪れ、ハウス内の絵ハガキを200円で購入(扉の封筒型料金箱に支払う)
(2)7か所すべて訪れ、異なる図柄のスタンプを押印
(3)絵ハガキは自分や家族や友人宛に郵送可能。町内の郵便局で風景印を押印してもらおう(80円切手は事前に用意、土日祝は町立図書館とAERU内の回収ボックスを利用)

うらたび2013バスツアー開催
2013年9月23日(最終日)にスタンプハウスを巡るモニターバスツアーを開催。参加申し込みや詳細は公式サイトを参照

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。