トピックス

見れば士幌に行きたくなる?商工会青年部が生番組「しほろっちTV」配信

編集部
Written by 編集部

見れば士幌に行きたくなる?商工会青年部が生番組「しほろっちTV」配信 【士幌町】 士幌町商工会青年部が、USTREAMを活用した取り組みを積極的に行っている。今年(2013年)8月には視聴者参加型ネット生番組「しほろっちTV」をスタート。11月までの三度の配信は屋外で配信したこともあり、士幌町民からもじわじわ注目されるようになってきている。

同番組は、士幌町の近況や部員インタビューコーナーなど、士幌ならではの話題で盛り上がる、士幌発のトーク番組である。例えば、3回目配信の11月17日には、気温2度から氷点下1度に下がっていく中、部員二人が中心となり約1時間の配信を行った。鉄道好きメンバーによる旧国鉄士幌線士幌駅整備の報告、ソフトボールの試合の様子やエゾシカと衝突した時のこと、町民還元用ポテトチップスについてなどを紹介した。

「しほろっちTV」を手がけるのは、士幌町商工会青年部・IT担当の川崎康さん。川崎さんに、番組を始めたきっかけ、番組にかける思いなどを聞いた。

他でやっていないような新しいことをやりたかった

―― なぜ「しほろっちTV」を始めたのですか?

まずは、様々な方向から、今までの既成のものにとらわれず、商工会青年部員として、そして個人としても、士幌町や士幌町商工会青年部を発信したいという考えがありました。そして、他でやっていないような新しいことをやりたいという気持ちもずっとありました。

士幌町商工会青年部は、毎年夏に「しほろっち夏祭り花火大会」(2012年までは「しほろ夏祭り花火大会」)を主催しています。そのイベントで私はこれまで3年間、USTREAMを利用しての生中継を配信してきました。その際に使用する機材は私自身が全て用意し、当日の配信も1人で行っているのですが、その機材は年に1度、そのイベントでしか利用することがなかったため、この機材を使用したUSTREAM番組の制作を思いつきました。

外で配信し町民にも興味を持ってもらいたかった

見れば士幌に行きたくなる?商工会青年部が生番組「しほろっちTV」配信 ―― 番組作りに関して工夫していることはありますか?

少しでも話題性を作るため、過去3回の放送はいずれも屋外からの配信を行ないました。また、毎回出演する部員を交代したりテーマを変えたりして、毎回同じような内容にならないようにしています。士幌町や士幌町商工会青年部員のことを知らない人でも、その時の放送を初めて見た人でも分かりやすい、楽しめる放送を心がけています。

放送する前は事前に画像や映像を用意したり進行表を作ったりと、いろいろな準備をした上で本番にのぞんでいます。視聴してくださる方が楽しんでもらうためには、まず自分たちが楽しくなければ楽しい放送は作れないと思っているので、楽しんでやるということも心掛けています。

―― 地元での反響はいかがですか?

屋外で配信していますので、本番前の準備や本番中に「何やってるの?」と声を掛けられ、そのたびに説明をすることもしばしばです。しかしそれも想定内で、「商工会青年部が何かまた新しいことをやってるみたいだ」というところから、町内の人には興味を持っていただこうと思っています。配信は、私のいる店でもある寿司屋の店舗の前から行っています。町内の商店街にあるということもあり、そういう意味では、町内の人からはごくわずかずつではありますが、注目されつつあるようです。

士幌を知ってもらい、興味を持ってもらい、ファンになってもらいたい

見れば士幌に行きたくなる?商工会青年部が生番組「しほろっちTV」配信 ―― どんな人に見てほしいと思っていますか?

放送内容は、町内の人にとっては「知ってる人が出ている」「知ってる話題が出てくる」という点で見ていただける部分もあると思います。町外の人であれば、ご当地キャラクター・ジャガイモンのTwitterでの事前告知で見てくれている人もいます。自分としては主に町外の人向けに情報発信を行なっているところが大きく、士幌を知ってもらい、興味を持ってもらいたいとの思いでやっています。

最初はキャラクターのファンからでも、「しほろっちTV」のファンからでも、一部員のファンからでも、最後は「士幌」という地域のファンになってもらいたいと思っています。番組を通して、これからも更に士幌に貢献していきたいと思っています。


無料で手軽に発信できるUSTREAM番組を有効活用して地域の魅力やいまを中継映像で発信する取り組みは、札幌を除けば道内ではまだ事例は少ない。その点で「しほろっちTV」は先駆的な取り組みの一つと言えるのかもしれない。

士幌の魅力やいまを発信する視聴者参加型ネット生番組「しほろっちTV」の次回配信は、2014年1月1日17:00からを予定している。番組を見れば、きっと士幌に惹かれ行きたくなること間違いなしである。

「しほろっちTV」
生配信チャンネル
過去配信を見る

<取材協力・写真提供>
士幌町商工会青年部・IT担当 川崎康さん

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。