トピックス

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」

編集部
Written by 編集部

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 【札幌市】厳しい視点で優れた北海道産食品を選定する「北のハイグレード食品+(プラス)2014」発表セレモニーと試食試飲会が2014年2月13日、赤れんが庁舎2階2号会議室で開催された。今年は水産加工品、チーズ、ワイン、スイーツなど幅広いジャンルから21品目が選ばれた。

「北のハイグレード食品+」は北海道トップブランドづくり事業の一環。食味に優れ、強い消費者訴求力、品質管理を備えた商品を、北海道産加工食品のトップランナーの商品群として食の専門家が選定。道内外へ発信し、販路拡大機会の創出や、食を通じた地域への観光客増を目指す。

2011年度以降「北のハイグレード食品」が毎年選定されてきており、初年度7品、2012年度8品、昨年は10品が選定された。今年(2014年)は「+」が付き、北海道食のサポーターなど道内外の食の専門家17人が審査員として審査、20社21品目が決定した。

選定されたハイクオリティな北海道産21品目

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 エゾシカジュリー (ヴルストよしだ) [新十津川町] 二週間じっくり塩とスパイスで熟成させたエゾシカ肉をほぐしゼリーで閉じ込めた商品。一口サイズにカットするか、そのままほぐして。サラダにも合う。北海道産エゾシカ肉とドイツ産香辛料を使用。95g・税別700円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 十六度ゼリータイプ (株式会社浪花亭) [札幌市中央区] 製造は株式会社北海道アグリマート(浦臼町)。糖度16度以上の北海道奈井江町産トマトを美味しく食べられるように、札幌市のトマト専用の三杯酢で引き立てた一品。トマトの新しい食べ方を提案する。190g・税別800円

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 ケルナーシュール・リー (日本清酒株式会社=余市ワイン) [札幌市中央区] 余市町産ケルナー種ブドウを100%使用。「澱(オリ)の上」を意味するシュール・リー。澱を自然沈殿させる特別な製法で製造されたやや辛口の白ワイン。720ml・税別2752円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 ゆり根のモンブラン (有限会社キャセロール) [札幌市中央区] 北海道産ゆり根・十勝産小豆・砂糖・生クリーム・卵・抹茶・小麦粉を使った滋味深い野菜のケーキ。外見は白色だが中身は緑色。税別400円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 大豆まるごと豆腐「雪ぼうず」 (とうふ処みうら) [黒松内町] 2002年度北海道加工食品フェア北海道優秀賞受賞。北海道産・自家栽培の大豆を超微粒粉にすることで、丸ごと味わえるおからの出ない豆腐。三重県産にがり使用。もめん・ごま400gは税別300円、きぬ400gは税別250円。2014年4月から量目を350gに変更予定。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 魔法の一滴「北の本みりん」 (曲イ田中酒造株式会社) [小樽市] 北海道八雲町産「風の子もち」と南富良野町産「はくちょうもち」を合わせたもち米、そして北海道産米麹だけで造った飲用みりん。料理にも使用可能。500ml・税別1239円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 北海道ケルナー(白) (北海道ワイン株式会社) [小樽市] 北海道ワインが作る、北海道余市町産ケルナー種を主体とした辛口白ワイン。北海道産チーズにも合う。720ml・税別1300円。アルコール12%。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 サメ鰈の西京漬 (お料理あま屋=有限会社マルテンストアー) [新ひだか町] 鮮度のいい日高産サメ鰈を、西京味噌に漬け込みさらに美味しく仕上げた。みりんも使用。約200g・税別1200円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 海峡鱈子 (有限会社イリエ船橋水産) [鹿部町] さらさらと流れるような食感が特長。鹿部町の前浜で獲れたスケソウダラの、厳選された上質卵にこだわった貴重なタラコを使用した。三代目船橋吉右衛門が素材の旨みを追求した個性際立つ、守り継がれる匠味の逸品。300g・税別3000円、500g・税別5000円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 雪の華舞 (有限会社たばた商事) [下川町] 日本最北の手延べうどんの里・下川町産の小麦はるゆたかを使った手延べうどん。宗谷の塩(食塩)、北海道産菜種油も使用。もちもちした食感が人気。200g・税別400円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 塩麹と酒粕の北海道二段仕込み時鮭 (くまだ株式会社) [旭川市] 近海で獲れた北海道産時鮭を活塩麹・酒粕に一晩ずつ漬け込んだ二段仕込み製法。旭川の銘酒・男山の酒粕を使用。塩麹の甘味と酒粕の芳醇な香りが特徴。一切・税別500円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 北海道野菜のドレッシング「スードレごぼう」 (日本醤油工業株式会社) [旭川市] 北海道網走地区および北見地区産ごぼう35%使用のノンオイルドレッシング。野菜ドレッシングシリーズの中でも人気ナンバーワン商品。スープとしても楽しめる。155ml・税別600円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 仙年みそ(天日塩) (平田こうじ店) [東川町] 北海道産米と大豆を使用した無添加味噌。やわらかめの仕上げが持ち味。500g・税別429円、1kg・税別819円。2014年4月からそれぞれ税別454円、税別862円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 ピクルス各種 (株式会社丸夕田中青果) [留萌市] ビネガーや調味料を徹底吟味し、野菜ソムリエが作ったピクルス。シリーズには、胡瓜とセロリ、ミニトマト、しめじ、ミックス、長いも、セロリ、インカの目覚めがある。いずれも北海道産を使用。1瓶・税別600円前後。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 生食感えぞばふん粒うに (有限会社北海風おがわ) [枝幸町] 獲れたての風味を生かした生感覚が好評の超甘塩・無添加粒うに。枝幸町沖産のうにと食塩を使用する。60g・税別3000円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 寒風干し鮭「鮭魂」 (有限会社北海風おがわ) [枝幸町] 完成までに約二カ月かけた商品。鮭の旨みが凝縮した枝幸町産シロザケの山漬け。1輪切~3輪切入り・税別800円~1200円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 SWEET CORN SOUP (株式会社岡本農園) [中札内村] 手作りスイートコーンスープ。十勝産トウモロコシを、収穫したその日に実を取ることで、砂糖を一切使わずその甘みを引き出し、なめらかな食感を出すため、丁寧に手作業で濾して袋づめをする。同分量の牛乳を混ぜてシェイクすると美味しい。70g・税別333円。瓶入70g×3個・税別1000円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 ラクレット (農事組合法人共働学舎新得農場) [新得町] 外皮に独特の香りがあり、中身はマイルド。加熱調理がオススメというチーズ。直径30cm以上のチーズを半分に切り、断面を溶かしながら削ってパンなどに乗せて食べる。同農場産の生乳と食塩を使用。180g・税別720円。1998年第1回オールジャパン・ナチュラルチーズコンテスト最優秀賞受賞、2010年ワールドチャンピオンチーズコンテスト・ウォッシュしたセミハード部門銀賞受賞。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 トーマ・シラヌカ (株式会社白糠酪恵舎=チーズ工房白糠楽恵舎) [白糠町] ミルクの風味とほんのりした甘味が特徴。他の食材とも相性のいいチーズ。白糠町産生乳と塩を使用し45日以上熟成。100g・520円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 鮭とチーズのミルフィーユ (株式会社マ印神内商店) [標津町] 同社の標津町産秋鮭(シロザケ)スモークサーモン、隣町・別海町の中山農場産ゴーダチーズを重ねて仕上げた商品。醤油と酒だけを使って仕上げた醤油いくらのタレに秋鮭を漬け込み、桜のチップで丁寧にスモーク。その相性は抜群。40g・税別500円。

専門家が選ぶ道産21品目が決定―「北のハイグレード食品+2014」 パリポリ焼き昆布 (株式会社北海道日の出食品) [根室市] 北海道産昆布と砂糖、昆布醤油、醸造酢、昆布だし、かつおだし、しいたけだし、酵母エキス、食塩を使った無添加おつまみ。パリパリしており、スナック感覚で食べられる新食感。25g・税別350円。


いずれも北海道の工場で作られた商品に限定している。北海道食のサポーター・株式会社食彩創研浅野裕紀取締役は「甘さ・酸味・塩加減が審査員共通の基準。パッケージや見せ方も重要」と審査について振り返った。山谷吉宏副知事は「真似できない自分たちの物語で作り上げた商品が選ばれた。アジアでの販路を広げていきたいので、その波に乗って燦然と輝いてほしい」と締めくくった。

決定した21商品は、北海道どさんこプラザの札幌店(札幌駅)および東京・有楽町店で購入できるので是非お試しを。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。