トピックス

美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

編集部
Written by 編集部

美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

【美瑛町・上富良野町】 元祖ジュンドッグやエビ丼で知られる美瑛町の洋食店「純平」が4月に移転・リニューアルオープンした。美瑛町では他に、旧小学校にレストラン、深山峠には小さな可愛らしいカフェが誕生した。GWに行ってほしい美瑛周辺の注目の新店を紹介する。

純平が「洋食とCafeじゅんぺい」として待望の復活オープン

美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

1977年のオープン以来、美瑛町で根強い人気を誇る洋食店「洋食や純平」が復活した。JR富良野線と国道237号線の間(美瑛町北町2丁目4-31)で営業していたが、移転のため2013年9月29日に閉店した。

その後、移転リニューアルオープンに向けて準備が進められ、約半年後の2014年4月25日に「洋食とCafeじゅんぺい」としてオープンした。移転先は国道から少し離れた、町役場や消防署の近くの一角。道の駅びえい「丘のくら」駐車場から東へ進んだところにある消防署手前にオープンした。店舗前に置かれたフォルクスワーゲンが目印。リニューアルオープン後も賑わいを見せている。

新店では、エビ丼やかつ丼を中心とした揚げ物料理など、純平時代のオリジナルメニューはもちろん提供。特に名物のエビ丼は、何日もかけて煮込んだタレをつぎたした年代物の秘伝タレが自慢で、人気が高い。また、元祖ジュンドッグもテイクアウト可能で今後も提供する。

▼元祖ジュンドッグ (※ジュンドッグって何?)
美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

さらに、イタリア製エスプレッソマシーンを導入し、オーガニック豆を使ったオリジナルブレンドコーヒーやスイーツ、トーストやサンドイッチ、ソフトクリームといったといったカフェメニューを新たに加えた。

洋食とCafeじゅんぺい
美瑛町本町4丁目4-10 [地図]
営業時間:10:30~19:30、月曜定休
TEL:0166-92-1028

「北瑛小麦の丘」が旧北瑛小学校にオープン

美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

2014年4月22日には、美瑛町北西部の丘にある旧北瑛小学校敷地内に、「北瑛小麦の丘」フレンチレストラン「bi.ble(ビブレ)」(40席)がグランドオープンした。コンセプトは「食文化を育てていこう」。地元食材を使用し、美瑛の畑を見ながらの贅沢なランチ(2600円コース、3400円コース、5400円コース)やディナー(7400円)を提供する。また、美瑛産小麦を使った石窯焼きたてパンが味わえるパン工房も併設している。畑に囲まれた快適な環境で宿泊も可能。

北瑛小麦の丘レストランビブレ
旧北瑛小学校敷地内 [地図]
営業時間:ランチ11:00~16:00、ディナー17:30~21:30(一部予約制)
パン工房は10:00~。7・8月を除き火曜日定休
TEL:0166-92-8100
公式サイト

深山峠観覧車下に「Coffee&Breadえん」オープン

美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

上富良野町の深山峠の観覧車下には、2014年4月26日に手作りサンドイッチ、ケーキ、コーヒーの店「Coffee&Breadえん」がオープンした。ピンク色の可愛らしい外観が目印で、いわい珈琲(札幌市)の豆を使ったコーヒーメニューのほか、上富良野町内産はるゆたかや新得町産キタノカオリ、近隣でとれた野菜をふんだんに使った、ゴボウサラダのピタ、ローストポークのイングリッシュマフィン、アスパラのキッシュといったフードメニュー(300円~400円)、ガトーショコラ、シフォンケーキ、パフェなどスイーツメニューを、イートイン(11席)またはテイクアウトで提供する。

▼野菜もたっぷり!ローストポークのイングリッシュマフィン
美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

▼店内も可愛らしい
美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン! 美瑛周辺で続々新店―元祖ジュンドッグの『純平』も移転新装オープン!

Coffee&Breadえん
上富良野町西9線北34号 [地図]
営業時間:10:00~18:00、水曜日定休
TEL:0167-45-2425
公式Facebookページ

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。