トピックス

264枚のパネルに約300人が顔はめ! 帯広グリーンパークで世界記録に挑戦

編集部
Written by 編集部

264枚のパネルに約300人が顔はめ! 帯広グリーンパークで世界記録に挑戦

【帯広市】 2014年6月28日(土)、「十勝世界一プロジェクト」は『顔はめ』世界一を目指し、ギネス世界記録TMに挑戦した。帯広市緑ヶ丘公園グリーンパークで行われたチャレンジでは、十勝管内19市町村から親子連れ含め315人が集まった。

同グループの十勝での世界一への挑戦は、2013年夏、統括の真浦綾子さんが中心となってトーストアートがギネス世界記録TMに認定されたのが最初。二年目の今年は、「今回は、十勝のいろんな人同士を会わせる場にする」をコンセプトに、『顔はめ』と『豆モザイクアート』の2種目で世界一を狙う。北出愛リーダーのもと行われた『顔はめ』挑戦は、200㎡の顔はめに同時に全員が顔をはめるのが必要条件。観光地でよく見られる、顔を出す穴が開けられた「顔はめパネル」の大きさで世界一の記録に挑んだ。

▼顔はめパネルがずらり!
264枚のパネルに約300人が顔はめ! 帯広グリーンパークで世界記録に挑戦
264枚のパネルに約300人が顔はめ! 帯広グリーンパークで世界記録に挑戦

顔はめパネルは1枚1枚図柄や穴の場所や数が違うもので、108㎝×76㎝のパネル264枚を制作。十勝19市町村の名物・名所・イベント、カントリーサイン、キャラクターなどを、顔を出す部分を考慮しかわいらしく描き、それらを十勝管内19市町村ごとに一列に並べた。並べた場所は、かつてギネス認定されたことのある400mベンチの前。その同じ場所で今度は顔はめの世界記録への挑戦となった。

▼笑顔がのぞく顔はめパネル。その様子は映像で収録された
264枚のパネルに約300人が顔はめ! 帯広グリーンパークで世界記録に挑戦
264枚のパネルに約300人が顔はめ! 帯広グリーンパークで世界記録に挑戦

世界一への挑戦は、スタッフによる最終確認後、まず引きで全体を撮影。その後、真浦さんが乗った一輪車が南側から顔はめの様子を映像収録、最後は参加者によるウェーブでしめた。顔はめの人数が足りたことと挑戦成功したことへの安堵の声とともに、顔はめの瞬間は感動したと話すスタッフも。なお、ギネス認定されるかどうかは後日決まる。また、豆モザイクアートも8月に実施予定だ。

※ギネス記録上は262枚、289名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。