トピックス

先着106名限定!ニセコの温泉13ヶ所が無料になるイベント開催

編集部
Written by 編集部

先着106名限定!ニセコの温泉13ヶ所が無料になるイベント開催

【ニセコ町・蘭越町・真狩村】フェイスブックユーザーなら、ニセコエリアの温泉に3回まで無料で入れる!そんな温泉好きには嬉しい企画「第6回後志フェイスブック祭り」が2014年8月2日に行われる。

2012年11月以降、全国で初めてSNSを活用した地域活性化イベントとして注目されてきた「後志フェイスブック祭り」。これまで、温泉や飲食店での定食無料イベント、無料セミナーなどを開催してきた。第6弾は、温泉施設を無料で利用できるという内容。第2回や第5回(ともに2013年)と似ているが、今回は従来からある温泉パス券を活用し、後志管内全域ではなくニセコエリアに限って実施する。

先着106名限定!ニセコの温泉13ヶ所が無料になるイベント開催
※イメージ。本文とは関係ありません(蘭越町)

ニセコエリアには数多くの温泉があるだけでなく、北海道で唯一三ツ星温泉ソムリエがいるほか、今年5月に温泉ソムリエが56名誕生したことで、地域に多くの温泉ソムリエがいる。それに加え、ニセコ町50周年、さらには、7月4日に観光庁がニセコ周辺を観光圏に認定したこともあり、いまニセコがアツいという。そこで、ニセコエリアの温泉イメージのさらなる定着を図るべく、実行委員会が企画した。

イベントは、ニセコ町、蘭越町、真狩村の3町村・8地区にある13の温泉施設が対象で、先着106名のみ。無料で利用するには、(1)2014年8月2日(土)9:00~18:00の間に道の駅ニセコビュープラザ内観光案内所(ニセコ町字元町77-10)で「ニセコ湯めぐりパス」(通常料金税込1,440円)を受け取り、(2)180日以内に対象施設のうち最大3施設でパスを使って入浴し、(3)入浴ごとにフェイスブックへ感想を投稿することが条件。

先着106名限定!ニセコの温泉13ヶ所が無料になるイベント開催

対象となる13の温泉施設
▼蘭越町
新見温泉「新見温泉ホテル」
新見温泉「秘湯の湯・新見本館」
昆布川温泉「蘭越町交流促進センター幽泉閣」(温泉ソムリエ)
▼ニセコ町
ニセコ昆布温泉「鯉川温泉旅館」
ニセコ昆布温泉「ニセコグランドホテル」(温泉ソムリエ)
ニセコ昆布温泉「ホテル甘露の森」(温泉ソムリエ)
ニセコ昆布温泉「ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ」
五色温泉「ニセコ五色温泉旅館」
アンヌプリ温泉「ニセコアンヌプリ温泉・湯心亭」(温泉ソムリエ)
アンヌプリ温泉「ホテルニセコいこいの村」(温泉ソムリエ)
ニセコ東山温泉「ヒルトンニセコビレッジ」(温泉ソムリエ)
ニセコ駅前温泉「ニセコ駅前温泉・綺羅の湯」
▼真狩村
真狩温泉「まっかり温泉」
対象となる温泉以外の1施設
ニセコ町・有島記念館

6施設には温泉ソムリエがおり、そのうち「ホテル甘露の森」を除く5施設には、5月の「温泉ソムリエ認定セミナーinニセコ」で温泉ソムリエを取得したスタッフがいる。それらの施設では温泉について詳しい話を聞くこともできそうだ(シフトの関係でいないこともあるので注意)。また、このパスを使ってニセコ町にある有島記念館に無料入館することも可能だ(実質14施設が対象)。

なお、当日8月2日20:00から、ニセコ町運動公園で行われる「七夕の夕べ」で、スターマインなど約1500発の花火が打ち上げられる。実行委員の琵琶博之さんは、「温泉入って花火を見たり、花火を見て翌日に温泉楽しんだりと、ニセコでリフレッシュして」と話している。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。