トピックス

かわいい動物たちが描かれた麦稈ロールがお目見え!道の駅うりまく

編集部
Written by 編集部

かわいい動物たちが描かれた麦稈ロールがお目見え!道の駅うりまく

【鹿追町】鹿追町にある2つの道の駅のうち、北側にある「道の駅うりまく」の芝生に、かわいらしい動物たちの顔が描かれた麦稈ロールが展示され、来場者を楽しませている。

牧草ロールは「道の駅うりまく」のショップ前の芝生に陳列。ピンクのうさぎ、黄色のトラ、サル、ヒツジ、牛、豚など、計8つの麦稈ロールが並んでいる。それぞれの大きさは約300㎏。鹿追町ライディングパークのスタッフが手作りでデザインしたという。

かわいい動物たちが描かれた麦稈ロールがお目見え!道の駅うりまく

これらのロールは、2014年7月20日の第53回鹿追町競ばん馬競技大会で初めて行われた「麦稈(ばっかん)ロール転がしレース」で使用されたもの。同日12:00頃に鹿追町ライディングパークで行われた。

同レースは、1チーム5名でチームを組み(参加料2000円)、麦稈ロールを100m転がしていく競技。途中、高さ2mの障害(砂山)を越えなければならず、同じく障害が設けられているばんえい競馬並みの楽しさがある。予選、及び勝ち上がった4チームで決勝を行い順位を決定、優勝チームには30,000円が贈られるとあって、アツいレースが繰り広げられた。今年は地元消防団のチームが優勝した。

▼レースコース
かわいい動物たちが描かれた麦稈ロールがお目見え!道の駅うりまく

十勝管内では音更町「麦感祭」名物・麦わらロール転がし競争が有名だが、鹿追のものはパッケージにデザインを施してかわいらしくした。展示場所には、夏休みに入った子供も訪れており喜ばれている模様。なお、「ロールに上ったり、転がしたり、叩いたりしないように」注意を。

道の駅うりまく
河東郡鹿追町瓜幕西3丁目 国道274号線沿い [地図]

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。